レインボー&バンパイア

PEOPLE


80年代のアニメーションやゲイ・ゴス・バンドのような感じがする。いや、しかしそれは違う。「レインボー&バンパイア」という珍しいネーミングで活動するのは、ロサンゼルスで活躍するアニメーターとミュージックビデオのディレクターとの2人組だ。

私はその若きディレクターと、彼らが所属するプロダクション会社のオフィスで会った。雰囲気はとても“会社”という感じで、ビバリーヒルズにあるこのオフィスの1階は、JUAN MONASTARIOとARYA SENBOUTARAJの2人が生み出すようなヒップでエッジーな作品の雰囲気とはかけ離れていた。

とりあえず彼らの、サンフランシスコのバンド「ENON」のために制作したクリップや、オノ・ヨーコの曲「ウォーキング・オン・スィン・アイス」で手掛けた、素晴らしくて忘れられないモノクロアニメーションを見てほしい。そうすれば彼らを理解できるだろう。最近では、BLACK EYED PEASの大ヒット曲「HEY MAMA」のクリップや、カナダ人シンガー、フィフィ・ドブソンの80年代のエレクトロニックポップソングのような「DON’T GO」のビジュアルからも分かるように、グラフィックのルーツを保ちつつも、ライブアクションへと変化してきている。「アニメーションにはもうあまり興味がないんです。」と、JUANはその理由を話す。もう1つ言えば、彼らはコマーシャルなどの金になるフィールドで仕事をしたいとも感じており、ただ単に彼らの高速回線を見せびらかしたいというのもあるようだ。

このデュオは、ロサンゼルスから遥か遠く離れた地にルーツを持つ。ARYAはミネアポリスのアートスクールに通い、学位とスーツケースいっぱいの希望を持ってロサンゼルスにやってきた。彼はすぐに地元テレビ局でニュースのグラフィックデザイナーとして働きはじめた。一方JUANは、オハイオのシシナッティ出身で、そこで彼はファッションデザインを学び、ミュージシャンを目指し、その後マッキントッシュに興味を持ち、アフターエフェクトに出会う。そして2人は1999年にロサンゼルスで知り合った。JUANは“ジャンプ”する準備はできていたし、ARYAはデザイナー/ディレクターとしての仕事を離れたばかりでチャンスを伺っているところだった。そして2人はJUANのリビングルームで、友達(ENON)のビデオの制作を始め、3ヶ月かけて完成させた。「私達は、それまでに学んだこと、持っていた知識すべてをそこに注ぎこみました。」とARYAはクリップを完成させるまでの長い道のりを思い出しながら話す。「あのクリップの出発点は、モダンにデジタル化したオズの魔法使いを作ろうというアイデアだった。」とJUAN。

このクリップは刺激的で(ウェブサイトでチェック!)、そしてもちろん彼ら2人の名を広げるものとなった。ロサンゼルスには一夜で生まれるサクセスストーリーは山ほどあるが、「レインボー&バンパイア」はすぐに頂点へは上り詰めず、その後2、3年かけて、才能に溢れ、信頼できるアニメーター、クレイティブなデザイナーとしての地位を築いた。「ローマン・コッポラやマイク・ミルズ、ソフィア・ミュラーのような才能ある人達と一緒に仕事できるという、幸運が続きました。彼らは常に僕らのインスピレーションの源で、彼らのプロジェクトに関われるというだけで素晴らしいことでした。彼らの仕事を影からこっそり見ていましたよ。」とJUAN。

若きシンガー、フェフェ・ドブソンのために手掛けた、小さなニューヨーカーの追っかけストーリーという最新作は、この夏のヒット曲となり、MTVでガンガン流れた。壮大な楽曲と、信じられないくらいパワフルなパフォーマンス(アブリル・ラビーンと、若いジャネット・ジャクソンといった感じ)、そしてニューヨークタイムスでレビューされるほどの派手なミュージックビデオ。これまでニューヨークタイムスがミュージックビデオのレビューをしたことなんてないのだ!しかしこれもJUANとARYAがこれから大きくしていくことは間違いない。

Text: Reto Caduff
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE