コレット ミーツ コム デ ギャルソン

PLACE

パリのセレクトショップ「コレット」が青山にやってきた。


パリ以外での初の出店となる今回、コム デ ギャルソン(以下 ギャルソン)をパートナーに、12月29日までのテンポラリーショップとして「コレット・ミーツ・コム デ ギャルソン」が日本に登場。ここはギャルソンが日本ではじめて路面店をオープンした場所で、今年の1月からこのスペースで展開されている短期型プロジェクトの第2弾として、コレットを指名したカタチだ。もちろんパリのコレットでも以前からギャルソンの商品を扱っており、その信頼関係があって今回のコラボレーションとなった。

さっそく肝心のショップについて紹介していく。
骨董通りに面した壁面には、ブルーの地に白で店名が大きく描かれている。そこが危ない。そのすぐ左脇のドアに足を踏み入れようとするものなら‥‥あれ? そこは別のショップだった。今度は逆の壁沿いに折れてみたところにその入口は開いており、おなじみのカペリーノとペペローネがドアに向かって座っている。彼らはコレットのマスコット犬で、2匹のサイトには「ファーストクラスで東京にやってきた」と書いてある。さすが。

そして店内に入ると、意外なほどにシンプル。壁の白と什器の木目だけの空間に、商品たちが色を加えている。またその色も行くたびに雰囲気をガラっと変え、すべてが数量限定の品揃えという、飽きさせない演出が見てとれる。
そもそもコレット自体が、一流ブランドと新人デザイナーを組み合わせるなど、そのセレクトのセンスに定評があり、併設されたギャラリーや毎週変わるというディスプレイデザインと併せて、いつも鮮度を保ち、来る人へのホスピタリティを大事にしている。

さてその商品のラインナップはといえば、SPEEDとのコラボ水着、ジュンヤ ワタナベの限定トレンチコート、ロンシャン×英国人アーティスト、トレーシー・エミンのトンボのステッチが施されたクラッチバッグ、アンダーカバー×エルベ・シャプリエのぬいぐるみ、そして人気のiPodもコラボ仕様になっている。ここでは詳しくは紹介できないが、コレット・ミーツ・コム デ ギャルソンのウェブサイトで詳細について知ることができる。ウェブ限定の商品あり、次々投入される商品の紹介ありなので、ぜひのぞいてみてほしい。

(時折、ウェブサイト下部のレンガが窓のように開き、カペリーノ&ペペローネが走り回ったり、なぜか水中遊泳をしていたり、吊り上げられたり‥‥コミカルな動きを見せてくれるのもキュート)

さてもう一つ見逃せないのが、パリのショップで開催される展覧会とほぼ同時期に、同じアーティストの作品が展示されるという、2階のギャラリースペース。オープニングを飾ったのは、SHIFT84号のカバーデザインを手掛けたフランスのグラフィックデザイナー、ジュヌヴィエーヴ・ゴクレール。彼女は、真っ黒なインベーダーのようなキャラクターを私たちの日常生活の場面に侵入(=“invasion”が今回の展覧会のテーマ)させ、そこで彼らが織り成すシーンを捉えている。各作品にはコミカルで(しかもところどころにシニカルなメッセージが込められた)言葉が添えられ、つい足元を見ると黒い物体に出合ってしまうのではないかと思わせるような、見る人を引き込む、不思議な世界観を作り出すのが彼女のスタイルなのだ(そして本当に会場のいたるところに彼らは潜んでいる)。

ギャラリーではこのあと、ルリ、マールテン・ウェトセマ、D. トビアス・ウォンといった作家の展覧会が予定されており、きっとその度に違う色を与えてくれる。これもまた、コレット・ミーツ・コム デ ギャルソンの、常に変化しつづけ、いろいろなものがクロスオーバーすることで新しいアイデアが生まれるといった、演出やコンセプトをカタチ作る大事な要素の一つになっているのだろう。

なにはともあれ、期間限定のテンポラリーショップ、一度ご覧あれ。
そして来年の1月にはまた別のパートナーと出会い、ギャルソンの別プロジェクトが始動する。

コレット・ミーツ・コム デ ギャルソン
営業時間:11:00〜20:00(無休)
住所:東京都港区南青山5-12-3
TEL:03-5468-8301
http://www.colettemeetscommedesgarcons.com

Text: Yuki Ishida from Web Designing
Photos: Genevieve Gauckler

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE