ロンドン・メトロポリタン大学

PLACE


グラデュエート・センター入口付近


北ロンドンのホロウェイは、観光目的で訪れるロンドンとは全く表情が異なる街。イギリス唯一の女囚刑務所、その名もホロウェイ刑務所があることで有名。街のまん中を走るホロウェイ・ロード沿いで、しばし移民が違法タバコを安値でバラ売りする模様がニュースで報道される。常に渋滞で混雑し、お世辞にもきれいとはいえない街。強いて利点をあげるならば、 バスで 10分もあればカムデン・タウンやエンジェル地区など、若者でにぎわう街にでられる交通の便の良さと、土日に出没するマーケットで安く生活用品が買えること、だろうか。しかしそんなホロウェイに最近、名所がひとつ誕生した。


グラデュエート・センター別方向からの景観

3月9日に公式に開館した、ロンドン・メトロポリタン大学の「グラデュエート・センター」がそれである。デザインを担当したのは、ベルリンのユダヤ博物館を手掛け、最近では米同時テロ後のグランド・ゼロ復興計画にデザインが選ばれた世界的建築家ダニエル・リベスキンドである。


交通量の激しい昼間のホロウェイ・ロード、及びグラデュエート・センター

「オリヲン・プロジェクト」と名付けられたこの建物は、3つのブロックが交差し、印象的幾何学的な大きな窓からは、内部のレクチャー会場、3つのセミナー室、オフィス並びに職員と学生用のカフェがあり、自然光が届くようになっている。表面はエンボス加工のステンレス・スチールパネルに覆われている。撮影当日はこのパネルに灰色の空が写りこみ、輪をかけて周辺の侘びしさが際立っていたように見えた。両隣の建物の間に背の低いこの建物がスポッと納まっているが、デザインの奇抜さで周囲に与えるインパクトは大きい。しかしこんなに偉大な建築家が手掛け、話題になるべき建物なのに、前を行き交う車や歩行者は無関心を装う。


デザインも大きさも異なるロンドン・メトロポリタン大学の3校舎

開館記念式典では地元の政治家が「保守的な建築家に依頼する安全策もあったが、批判を恐れない大胆な建物を造ることでイギリスの教育システムを時代の最先端をいくものにしたいという願いがあった」と語っている。

プレス・インタビューに応じたリベスキンドは、比較的小さいプロジェクトを手掛けた理由として「全ての建築物は大切なもの」「ロンドンにも優れた建築物が必要だ」と語っている。規模こそ小さいけれどもインパクトが大きい建物に仕上がり、「最小限の要素で最高の建築」を可能にしたとも話している。

職員と学生たちは早速新しい建物に馴染み、勉強にトレーニング用にと多目的に活用している。

London Metropolitan University
Post Graduate Centre

住所:166-220 Holloway Road, London N7 8DB
http://www.londonmet.ac.uk

Text and Photos: Sari Uchida

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE