90 スクエア・メーターズ

PLACE


他の街ではからっきしダメだったものが、アムステルダムで注目を集めるのはなぜだろう?

90 Square Meters」というショップがアムステルダム市内にある。中央駅の北側、KNSM・エイランドという島に建設された、かなりモダンなビルにあるショップだ。そこに行くにはフェリーを利用するのが一番だ。このショップは、たまたま通りかかったから、ひょいっと立ち寄るような場所ではない。他の街では、こういったショップを開店するにあたってロケーションを十分に考慮するのだろうが、そういった心配はここ、アムステルダムでは必要ないようだ。人々はわざわざこういったショップに行くために時間を割く。それがアムステルダム流だ。

見た目は普通のショップのように見えるのだが、ショップというよりも、実際はもっとそれ以上のものなのがこの「90 Square Meters」だ。ショップのオーナーは、イド。2年前に友人とバスと事業をスタートさせたが、現在は一人で経営している。

「クリエイティブで才能があり、そして同じ興味を持った人たちが集まるような場所を作りたかったんだ。もしショップという形をとらなかったら、おそらくバーかレストランを経営していたと思うよ。僕達が好きなことをしたい、というのがまず基本。それが、ファッションショーとかアートショーとか、とにかく僕達が刺激的だなと思うものに変身していったのです。」当初は、どこにショップを出すか、なかなか決めることができなかったという。それでもこのショップはここアムステルダムで、どんどん成長をし続けているのだ。
「KNSM・エイランドに決めたのは、まず単純にこの地域が気に入ったから。夏に自転車のイベントがこの島で行われたので、何度も足を運びました。街の喧噪から逃れることができるだけではなく、ここにいる人たちもみんな親切。それでもう、この場所に恋しちゃった、と言うか。ショップを開くにはかなりユニークな場所だけど、だからといって他の場所にあるショップと似たようなものに僕のショップもなる必要はないと思っています。みんなが手に入れたいなと思っているものを持っていれば、自然と客足はここまでのびてくる。それに特に夏の間は、ここまで来ること自体ちょっとした遠足にもなりますし」。

最初の3ヶ月は、島の人たちが多くショップを訪れてくれたとか。「当初は、アムステルダムからのお客さんはそれ程多くはありませんでした。どうしてそんなに遠い場所にあるんだ?とか、どんなショップなんだろう?という疑問があったのでしょうね。実際に僕達が売っているのは、スニーカーや服、雑誌、そしておもちゃといった商品。遠出をしてまで得る価値のある商品を揃えるように努力しています。僕自身もよくいろいろな街にでかけるので、そういった出先で商品を見つけてきます。何かおもしろいものや場所についての記事を読んだ時は、いつも実際に行動に移すようにしています。それこそ、新しい人と出会ったり、新しい商品と遭遇する手段だと思うからです。口コミもかなりありますね。島の人たちだけを対象に商売をしているショップではない、ということはちょっと誇張しておきたいかな。たまたま島にショップを開いた、というだけのことです」。

イドがギャレットと出会ったのは、オープン後2、3ヶ月後の出来事だ。ギャレットはアムステルダムを拠点に活動する「ロンドン・ポリス」というストリートアート集団の一員だ。「ある日、彼が店にやって来たんです。どこからかこのショップの話を耳に挟んだので、どういう所か見に来た、と言ってました。彼がロンドン・ポリスのメンバーだと知った時は、僕は彼らの作品のファンなので、かなりびっくりしました。その出会いをきっかけに、アートショーを開催したいという、僕らが長年暖めていた案も現実することができました。ロンドン・ポリスの展覧会は2002年2月に開催。オープングパーティーは、良い音楽、美味しいドリンク、そして素敵な人たちが集まってくれた素晴らしいものになりました。2月だったので外は寒く、雨も振っていましたが、そんな中でも外にはオープン待ちの列ができていたりしていました。それを見た時は本当に嬉しかったです。展覧会は6週間に渡って開催され、20点近くの作品を売ることができました」。

それ以来ショップでは、「Nike iD」のオープンパーティーを含む9つの展覧会を開催。「今の所一番思い出深かったイベントを3つ挙げるとすれば、ロンドン・ポリス、+41(スイスのローザンヌで活動するグラフィック・デザイナー集団)、それにアティの指揮により行われた、僕のショップでは初のグループ展覧会。アティとの出合いは、ある展覧会の終わり頃に、作品を見てくれないか、と彼女が僕に話し掛けてきたのが始まりでした。なかなか良かったので、すぐに展覧会の準備に取り掛かりました。ショップ全体を埋め尽くせる程作品を持ち合わせていなかったので、彼女の友達も展覧会に参加してもらうことにしました。結果的には、6名のアーティストを紹介する展覧会となり、かなり成功したものだったと思います」。

現在は写真家ヴァレリー・フィリップス(アメリカ出身、現在はロンドン在住)とアーティスト、サラ・ウスター(ニューヨーク在住)の展覧会を開催。両アーティスト共、長期に渡り若手のスポーツ選手を取材。その作品を紹介するというものだ。展覧会初日のオープニングパーティーでは、ショップの内と外で器械体操のショーも行われた。

次回行われるのは「トンネル・ビジョン」展。6月6日〜20日までの開催だ。写真家ナイジェル・ベネットとイラストレーター、ネイサン・バートンがフィーチャ−される。この二人は、展覧会と同名の本も出版しており、これはすでに「90 Square Meters」で取り扱われている。「この展覧会では、ナイジェルとネイサン双方がいくつか言葉を選び、それをもとにストーリーを作り上げ、写真とイラストで表現しています。本では、どのように作品が写真とイラストとして完成されてきたのかを見ることができますよ」。


イドと「90 Square Meters」の目の前には、どのような未来が広がっているのだろうか?「何となく思うことなのですが、このショップで行うことは何でも100%なのだと思います。素敵な人たちから何か良いものを得る、さまざまなブランドとつながりを持つ、才能溢れる人たちが注目されるように手助けする。これは僕達の基本的なゴールなのですが、とにかくこのゴールに向かって前進するだけだと思っています」。

90 Square Meters
住所:LevantPlein 52, KNSM Eiland 1019 MB, Amsterdam, Netherland
TEL:020-4192525
info@90sqm.com
www.90sqm.com

Text: Ania Markham from PostPanic
Photos: PostPanic. Additional photos courtesy of Nigel Bennett and Nathan Burton
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE