白根ゆたんぽ

PEOPLEText: Sachiko Kurashina

今月から10月にかけての4ヶ月間、シフトがプロデュースする札幌のソーソーカフェで「トーキョー・アート・フロントライン」と題する企画展が開催される。これは、東京で活躍するクリエイターを札幌でも身近に感じることができるように毎月一人づつアーティストを招き、展覧会とパフォーマンスイベントを開催するもので、その第一弾としてフィーチャーされるのが、今月号のカバーを制作してくれた白根ゆたんぽ。雑誌から広告、CDジャケットまで、幅広くイラストを手掛けるゆたんぽ氏にお話を伺った。


© Yutanpo Shirane

まずはじめに自己紹介をお願いします。

白根ゆたんぽというペンネームで東京でイラストレーターをやっています。1968年埼玉県生れで、デザイン学校を卒業後フリーのイラストレーターになりました。以前は「SPARK」というCGユニットを作ってフォトショップによる写真のコラージュ作品で仕事をしていたりもしましたが、その後は、アクリル絵の具を使ったイラストをメインに仕事をしてまして、3年ほど前から絵の具をマックに変えてイラストを描き、なんだかんだで約10年になります。


© Yutanpo Shirane

現在どのような仕事を手掛けていますか?

仕事の半分以上は雑誌のカットや、書籍の表紙などです。担当しているジャンルは、男性向け成年誌から女性向けファッション誌、子供向け学習誌など様々です。マンガも描いたりしています。その他の仕事はCDのジャケットや広告などです。今はオリジナルのDVDやフィギュアの制作にも着手しています。普段の仕事に追われてスローペースなのですが、なんとか年内には形にしたいと思っています。


© Yutanpo Shirane

仕事としてのイラストレーションと展覧会などでの作品とはどのように区別されていますか?

仕事でのイラストレーションの場合はクライアントからの依頼からスタートするものがほとんどなので、まずはクライアントに満足してもらうのが第一の目的になります。そしてそこをクリアしてからオマケ要素としていろいろなやりたい事を盛り込んでいくので、注文ごとに力を入れるポイントも変わるし制作のスタイルも変わります。

展覧会の場合は、自分の表現として会場の空間を自由に構成できる行為と考えていて作品のみでなく、会場の演出までが表現になると思っています。一応普段の仕事と同様クライアントでもあるギャラリー側のスタッフに満足してもらうよう努めますが、展示内容はゼロから自分で考えるので普段の仕事とはまったく違った作り方になります。種類は違いますが、楽しさでいったらどちらも楽しいです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
カラードットインク
MoMA STORE