THE PEOPLES BUREAU

PLACE

ザ・デザイナーズ・リパブリックが運営するオンラインショップ「The Peoples Bureau For Consumer Information」の世界で最初のリアルショップ「The Peoples Bureau For Consumer Information Tokyo (通称 The Peoples Bureau Tokyo) 」が原宿にオープンした。
以前、SHOP33原宿店があった場所をリニューアルするというかたちでオープンした「The Peoples Bureau Tokyo」。この内装設計を手掛けた「Love the Life」のおふたりに設計に至る経緯やプロジェクトについてお話を伺った。


自己紹介をお願いします。「Love the Life」としてどのような活動を行っていますか?

1997年に活動を開始。メンバーは勝野明美とヤギタカシの2名。建築デザインと商業施設のアートディレクションを中心に様々なクリエイティブワークを手掛けています。

10月4日に原宿にオープンした「The Peoples Bureau Tokyo」について教えて下さい。Love the Lifeで、このショップの内装を手掛けたそうですが、どのような経緯で、このプロジェクトの参加が決定したのですか?

The Peoples Bureau Tokyo」は、ザ・デザイナーズ・リパブリック(以下DR)が運営するオンラインショップ「The Peoples Bureau For Consumer Information (TPBFCI) 」の世界で最初のリアルショップです。私たちは2002年4月にクライアントである「SHOP33」代表の荒武さんから電話でこのプロジェクトへの参加依頼を受けました。また、私たちは1998年にこの場所で「33hrjk(SHOP33原宿店)」のインテリアデザインを手掛けていました。後でお話しすることになると思いますが、このショップの立地条件はとても特殊なものだったので、リニューアルにあたって荒武さんが「33hrjk」と同じ設計・施工チームで臨もうと考えたのは自然な成りゆきだったと言えるでしょう。

DRのプロジェクト参加が決定した時の気持ちを一言で表すと、何になるでしょうか?

サインもらわなきゃ!

DRのイアン・アンダーソン氏からは「“TPBFCI”のカラースキームをそのまま空間に転用する」というテーマを与えられたそうですが、この課題はどのようにこなされましたか?

最初にアンダーソン氏が話したアイディアは、「TPBFCI」のウェブ画面通りに空間を上部からレッド、ホワイト、グレーの3色に塗り分けたい、と言うものでした。また、ウェブでは要所を際立たせるためのカラーとしてピンクが用いられていますが、これに対応して彼は一部の柱や梁を蛍光ピンクにペイントしたいと考えました。つまりこの時点で空間デザインにあたっての基本的な要素は全てアンダーソン氏から提示されていたわけです。

こうしたアイディアは実にDRらしくシンプルかつ強固なもので、バーチャルな空間のリアルな空間への転用という逆転劇を演出することは私たちにとって実にエキサイティングな課題でした。しかし、私たちはそれらのアイディアを単なるデコレーションとしてではなくアーキテクチュラルなデザインとして実現するためにもうひとつの重要なアイディアを付け加える必要があることに気付いていました。

「TPBFCI」のウェブ画面では最上部のレッドのエリアがウェブ全体の総目次に、最下段のグレーのエリアが商品画像やデータの表示部分に、そして中段のホワイトのエリアが各商品アイテムをセレクトするための操作部分となっています。ここでのカラーリングは決して表装的なものではなく、購買客がより直感的なショッピングを行うための無言の(しかし強力な)指標となっているのです。私たちは「TPBFCI」のウェブに仕掛けられたこうした体験をそのものを何らかのかたちで空間に転用したいと考えました。


Photo by Love the Life

エントランスの短い階段を上って「The Peoples Bureau Tokyo」に足を踏み入れると、フロア中央を白く発光する高さ200mm・幅400mmの段差が横切っています。このホワイトのラインはペイントの塗分けとして壁や天井に延長されて店内を一周することによって空間を2分しています。そしてホワイトのラインの手前側は床、壁、天井が全面グレーに、向こう側はレッドにペイントされています。このゾーニングによってグレーのエリアは主に商品陳列を担うかたちとなり、スタッフカウンターのあるレッドのエリアはショップ全体のガイダンス機能を担うことになるわけですが、これらはさほど厳密に決定付けられたものではありません。ここで最も重要なのは最初に説明したホワイトのエリアです。何しろこのショップでは床に横たわった厄介な障害物を乗り越える、または跨ぐなどの行為無しにショッピングを済ませることは不可能なのです。

こうした仕掛けは一種の悪戯のようなものではありますが、購買客とショップとの間に積極的な関係性を生みだすための最もローテクで空間的な手立てであると言えます。ハイテクな装置と映像やサウンドを用いてウェブに近いインタラクティヴィティを実現するようなやり方も有り得るとは思いますが、DRのショップにはむしろこうしたシンプルな手法の方が相応しいのではないでしょうか。それに(幸いなことに)そこまでの贅沢が許されるような予算はありませんでした。

「The Peoples Bureau Tokyo」はエントランスのあるSHOP1と、別棟のSHOP2との2つの空間で構成されています。これまでの説明は主にSHOP1についてのものですが、すでにかなり長い話しになってしまったので、ここではSHOP2については省くことにしましょう。

ショップの建物も、昔の日本家屋そのままの原型をとどめているので、小さく天井も低いのですが、そこからもたらされるであろう「密閉感」や「窮屈感」などもまったく感じられませんでした。これらに関しても、何らかの工夫をされたと思うのですが。

その辺についてはまず「33hrjk(SHOP33原宿店)」から「The Peoples Bureau Tokyo」に至るまでの経緯と立地条件についてお話する必要がありますね。
このショップは原宿・青山・渋谷といった商業地域の中間に取り残された低層住宅地の中に位置しています。大家さんは敷地内に木造平家建ての住宅と木造2階建ての貸家を所有しており、ショップではそのうち平家の一部の6帖間ほどのスペース(SHOP1)と貸家の1階の4帖半ほどのスペース(SHOP2)を借用しています。SHOP1とSHOP2を繋ぐ動線は2つの家の狭い隙間で、もちろん雨ざらし。また、SHOP1の屋根はとても低く、梁下で1800mm程度しかありません。ショップの立地条件としては極めて特殊な(と言うよりむしろ異常な)ものです。

「33hrjk」のインテリアデザインを手掛けることになった時、私たちにはこうした戦後住宅の化石のような場所にクラブウェアのセレクトショップが存在するという奇跡的な状況そのものが実に面白いと思えました。そこで私たちが唯一の目標としたのは、既存の余計なディテールを取り除き、シンプルな造作を綿密に配置し、空間構成をより明確にすることでした。SHOP1とSHOP2はそれぞれ白いペイントとOSBと呼ばれる安価な集成材によって内部を覆われ、ほぼ面対称の構成を持つ空間となりました。このようにベースとなった「33hrjk」がすでに十分に整理された空間であったことが「The Peoples Bureau Tokyo」の小さな店内に「密閉感」や「窮屈感」が感じられない最大の理由であると言えるでしょう。あらゆる箇所に歪みが生じた築40年以上の建物の中に新しい造作物を破綻無くインフィルするのはとても大変な作業でしたが、施工担当・木ごころの皆さんのおかげで無事実現することができました。

残念ながら「33hrjk」が完成した時点ではこうしたデザインは周囲にあまり理解されず、私たちはOSBの質感とその使用方法ばかりに注目が集まることに正直辟易していました。何しろ私たちがこの素材を使用した理由はそれが抜群にローコストだからであって、質感自体には全く何の思い入れも無かったのですから。そのためこのショップが「The Peoples Bureau Tokyo」へとリニューアルされることでOSBの質感が完全に消し去られ、空間の持つ体験性が強化されたことに私たちはとても満足しています。ここでの空間デザインはDRによるコンセプトを体現すると同時に、東京のこの場所にしか存在しない独特のアンビエンスをより一層際立たせるものとなったわけです。

建物の外壁もすべて銀色ですよね。ショップは住宅街のど真ん中にあり、銀色の建物はそれだけでも異色の存在なのに、何故か妙に馴染んでいる印象を受けました。

実は私たちはエントランスにサインを取り付けたこと以外建物の外観には一切手を加えていないんです。壁がステンレス板に覆われていること以外にもこの建物の外観には意味不明で不思議な部分がたくさんあるのですが、それらは全部大家さんであるイナバのおばあちゃんの仕業で、このショップが出来る以前からそこに存在したものです。風水が関係していると言う噂もありますが、果たしてどうなんでしょう?ともかくこのショップの佇まいにおばあちゃんのセンスが微妙な影響を及ぼしていることは間違いありません。それはそれで悪く無いと思いませんか?

プロジェクトの完成までには、どれぐらいの日数がかかりましたか。DRのアンダーソン氏とのやりとりは、主にメールなどで行っていたのでしょうか?

荒武さんから電話が来てアンダーソン氏をまじえた最初のミーティングがあったのが2002年の4月です。その後、基本的なデザインは6月までにほぼ完成していたのですが、ショップの営業上の様々な事情からオープンは10月4日にずれ込みました。結局トータルで6ヶ月近くかかったことになりますが、それでも工事に入るまでに準備しなくてはならないことがたくさんあったため、スケジュール的にはほとんど余裕は無かったですね。

関係者間の連絡はほとんどメールで行われていました。しかし私たちからアンダーソン氏への伝達事項はすべてSHOP33の荒武さんに一旦メールで伝え、英訳したものをアンダーソン氏にメールしていただいていました。一方アンダーソン氏からのメールは大変簡潔で、英語力の全く無い私たちにも十分そのまま理解できるものでした。

ショップに脚を運んだ際は、是非ここを見てほしい!という、おすすめのポイントなどはありますか?

フィッティングルームです。


Photo by Love the Life

お客さんにはどのようにこのショップを楽しんでほしいですか?

時間を置いて何度も足を運んでみて欲しいです。

今後の予定を教えてください。

10月末に住宅のインテリア改装プロジェクトが1件、11月頭に診療所の建築プロジェクトが1件完成しますが、その後はしばらく仕事をセーブして、その間に「under construction」(Love the Lifeのオフィス兼住居。9月に「teNeues Publishing」から出版された「Tokyo Houses」と言う本に掲載されているのでヨーロッパにお住まいの方はご覧になってみて下さい。)に再度手を入れてみるつもりです。ここのところあまりに忙しかったので、少しのんびりマイペースに過ごしたいです。


The Peoples Bureau For Consumer Information Tokyo
住所:東京都渋谷区神宮前5-18-8
TEL:03-5468-3133
www.shop33.com/thepeoplesbureau-jp/

Text and Photos: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
カラードットインク
MoMA STORE