OKI LIVE

HAPPENING

デジタルの時代。デザイン、ムービー、ミュージック…表現者はすべてデスクトップでクリエイトできる時代になってきた。これは作業の「能率」という点では素晴らしい進歩であり、普段の僕の感覚だと、良いことばかりで楽しい未来を感じさせるコトである。でも、本当にそうなのだろうか?


今回で3回目をむかえた「ドット・ソーソー」。シフトがプロデュースするカフェ「ソーソー」が毎月開催しているDJスタイルのパーティにに様々なゲストを迎えるクリエイティブ・イベントだ。今回は、旭川市在住、アイヌの血を継くミュージシャン、OKIのライブと札幌在住家具デザイナー、アグラ家具、原ななえによるインスタレーションが行われた。DJと空間演出には、前回同様ノードフォーム・クルーを迎え、エレクトロ中心のラウンジな空間が演出された。

会場は、オーディエンスが靴を脱いで入場する。エントランスには階層的にビニールが目の前を遮っていてそれを何枚かくぐって入場することになる。会場はイス、テーブルの大部分は撤去、床にはビニールの保護シートが敷かれ、自由に座って楽しむスタイルになっていた。内装全体は、ビニール素材の多用に加えて、アグラファニチャー、原ななえによるオリジナルのカーペット「エンマット」やお馴染みの「ロッキンチェア」などのインテリアによって、ポップな空間が作られ、居心地の良い空間が作られていた。クラブ空間というのは、一般的には冷たさを感じさせるスペースになりやすいが、本会場では、暖かく、優しい雰囲気があり、オーディエンスが、アルコールやフードを楽しみながらエレクトロニカなDJプレイや、会話を楽しんでいた。

22時を過ぎ、ライブのためにDJブース前のステージにOKIが登場した。東京芸大の出身であり、ニューヨークでフィルムの仕事をしていたという過去を持ち、現在はライブ活動のほか、絵本の執筆などの美術活動もおこなっているという。詳しくは、OKIのウェブサイトを参考にして欲しい。彼の風貌は鬚をたくわえ、民族的な衣装をまとっていても、僕達と変わらない現代人の雰囲気を持っており、親しみやすさを感じた。しかし、同時にアーティストとしてのオーラも感じられた。

彼の手にはトンコリがあった。それは、カラフトアイヌに伝わるアイヌ民族唯一の弦楽器。胴が細長く平べったくて、ステック・ベースのような外見である。5本の弦はあるが、それをギターのように押さえて音程を変化させることはできない。そのため、5つの開放弦を弾くのみなので、奏でることができるサウンドは非常にシンプルである。

彼を横に座る女性はウポポ(アイヌ語で歌)とムックリ(口琴)でサポートをおこなう。恐らくオーディエンスの大部分はトンコリのライブを体験するのは初めてではないだろうか。

ステージに会場にいる全員の注目が集まる中、ライブが始まった。イントロに横の女性によるウポポとムックリが何回かくり返された後、トンコリの演奏が加わった。その音色は素朴であるが楽器の形状のため音が不安定になるため基本的には5つの音しか出せないのに、非常に表情豊かなサウンドを奏でる。

トンコリのファンによれば、この不安定な音も魅力のひとつだという。僕もこのライブ体験して、クラブでテクノを聴いたような高揚感や、アンビエントのようなバーチャルなリラックス感とは異なる、良質のアートを体験したような緊張感を伴った気分の良さを感じることができた。同時に、北海道で生れ育ちながら、この場所で生れたこの音楽についてあまりに無知だったのも、少し恥ずかしい気分になったライブ経験だった。

デジタルの表現という最終的に「0」と「1」しか許さない方法は、クリエイトする環境を簡単にしたが、同時に失われた何かがあるのではないだろうか。不安定だが、それゆえに魅力的なトンコリの音色を聴いていると、そう思わずにはいられなかった。

OKI LIVE
日時:2002年6月1日
会場:SOSO CAFE
住所:札幌市中央区南1条西13丁目三誠ビル1F
soso@shift.jp.org
http://www.shift.jp.org/soso/

Text and Photos: Shinichi Ishikawa from Numero Deux

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE