着せ替え人形「桃子」

THINGS


PetWORKs Co.,Ltd.All Rights Reserved. Photo: Mihoko Shida, 2002


着せ替え人形「桃子」が誕生したのは、昨年の夏のことであった。So-netでおなじみの「PostPet」の生みの親でもある真鍋奈見江、自身の趣味が、着せ替え人形マニアということもあって、「オリジナルのカッコいい着せ替え人形をつくりたい」、「ドールマニアだけじゃなく、普通の女のコが欲しくなるような、おしゃれな着せ替え人形をつくりたい」ということで、原宿や表参道、代官山…といった、ファッションに敏感な若者が集まるような場所にいる、日本人の女のコをモデルに人形をつくってしまった。ファッション、ヘアメイクと流行をとりいれた、今までにない新しいタイプのおしゃれな着せ替え人形が「桃子」だ。

少女の頃、着せ替え人形を手に遊んだ経験のある女性は多いはず。大人になった今、もう、それは子供の頃の思い出になっているかもしれないが、今回、品川にある原美術館で、そんな昔の思い出を体感できるエキシビションが開催されている。


Photo: Hirotaka Yonekura

プロのパタンナーの手によって、細かいところまで表現されたオリジナルウェアを着た「桃子」のインスタレーションの他、来場者は、ミニチュアのクローゼットから服をコーディネートし、「桃子」を自由に着せ替えて楽しむこともできる。実際に、自分でも「桃子」を手にして遊んでみたが、かなり、まわりの視線も気になってしまい、コーディネートどころではなかったかも。でも、展示されているだけでなく、こうやって手に触れることで、子供のような無邪気な気持ちを楽しむのも悪くない。


View of fashion doll “Momoko”, 2002

過去、様々なバージョンの「桃子」発売されたが、どれも、発売翌日には完売するなど、すでに入手するのさえ困難な状況。ドールコレクターはもちろん、性別・年齢を問わずに、幅広い層の人々に支持をえているようだ。


Momoko the limited version for the Hara Art museum, 2002

取材当日も、親子連れの姿も多く、子供以上に母親の方が楽しんでいる雰囲気もあった。そんな、「桃子」のニューバージョンが、6月に下記のアドレスで発売されるという。原美術館では、それにあたり先行予約として、原美術館限定バージョンの予約販売も受け付けている。

原美術館
開館時間:11:00 am – 5:00 pm(水曜日は11:00 am – 8:00 pm)
休館日:月曜日(但し、5/6は開館、5/7は休館)
住所:東京都品川区北品川4-7-25
TEL:03-3445-0651
入館料:一般\1,000、大高生\700、小中生\500
harainfo@ka2.so-net.ne.jp
http://www.haramuseum.or.jp

関連イベント
5月12日(日)(予定) 3:00-4:30 pm
対談 真鍋奈見江×伊藤弘(GROOVISIONS代表)
6月1日(土) 3:00-4:30 pm
講演会 増淵宗一(日本女子大学教授)
料金:一般 2,000円(入館料含)、メンバー 1,000円
要予約(席数に限りがございますのでお早めに御予約下さい。)

Text: Satoshi Ota from Ponchi Design

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE