クラウディ・デクリーン

PEOPLE


彼女の作品を知るようになってから、もうずいぶんになる。彼女のちょっと変わった意見、イメージ、そしてデッサンには常に惹かれるものがあり、それらのデッサンを色々なところで見つけることがあるし、そうでないこともある。デッサンを専門に活動しているアーティスト、というのは最近少なくなってきた。その中で、何か変化をもたらそうとしているのも少数なのだが、クラウディこそ、その中の一人だ。

彼女の自宅兼アトリエは、まるで爆弾が落ちた後のようなありさまだ。ファックス、紙、サンプル、CD、写真、鉛筆、スケッチブックが至る所に散らばっている。現在彼女は、ギャラリー・アネット・ゲリンクの「ザ・バークリー」で行われる博覧会の準備の真っ最中だ。この博覧会では、カオスの一面が紹介される。今ではもう家はきれいに整頓されている、と彼女は私に念を押してきた。

17歳から22歳まで、クラウディはグラフィックデザインを学ぶ為に、ここアムステルダムにあるザ・リーベルト・アカデミーで過ごした。マストリヒトにあるヤン・ヴァン・イック・アカデミーに転入してからは、リーベルトの教師陣の影響から抜け出すのに苦労したと言う。本当の意味での彼女自身になる為だ。そして最終的には「ハロー」というアムステルダム・アート・ディレクター・コースの1年過程を終了した。

ケッセルスクラマーでのインターンシップを終えて彼女が気付いたことは、アート・ディレクションは彼女の理想とするものではない、ということだった。かたくなに定義されたコンセプト、そしてクライアントとの衝突と馬鹿げた商品。それらすべてが含まれている広告が彼女は嫌いだった。彼女が作り出すものは、彼女が作りたいと思ったものが殆どなのだ。他のアーティストとコラボレートする為に、ぼんやりとした曖昧な写真(彼女の便利な写真集プロジェクトの様な)を発見する為に、コラージュを作る為に、彼女は彼女が大好きなものを作るのだ。制作をおこなっている時は、「間近な存在」で居たい、アウトプットのコントロールの下に居たい、と願っているクラウディ。大きなアイデアはよく、小さく緻密な方法で象られていくのだ。

だからと言って鉛筆で素敵な色の世界を描く、この可愛らしく、純真そうに見える女性に惑わされないでほしい。カオスから秩序へ、タフさから柔軟さへ、親密さから外交的へ、丁寧さから混乱へ、自己確信から自己不確信へと、何かを作り出している時、彼女の心は違った思考回路を巡っているのだ。魅惑的な思いやアイデアは、やがてデッサンとしてその姿を現す。そのデッサンは時に冷たく暗く、そして突如、可愛らしくソフトになったりもする。しかし常にそこにあるのは、レーザーのように鋭いコメントなのだ。

最近の彼女の作品は、多くの形態、あるいは出版物で見つけることができる。日本のレーベル、COIGIRLのTシャツから、自費出版した本「BLOOS」、テレビガイドのカバー、コラム等、様々だ。クラウディはどこにでも居るように見える。でも捕まえることはできないのだ・・・。
アンソニー・ビュリルとのコラボレーションによって制作された彼女の最新プロジェクト、「FUN YEAH YEAH」は 是非ともチェックしていただきたい。これはインターネットを通じで交換されたデッサンとイメージを集めたものだ。

この作品の一部は、アムステルダムの新聞「HET PAROOL」で紹介された記事が元になっている。クラウディとコンタクトをとりたい方は、メールでどうぞ:claudiedecleen@hotmail.com

Text: Bastiaan Rijkers from Lemon Scented Tea
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE