明和電気

HAPPENING


アニエスb. の GALERIE DU JOUR に、 日本から「明和電機」が登場。オリジナルでユニークな「製品」(作品)を制作・発表。それらを用いてパフォーマンスを見せてくれたり、オリジナル楽器を使ってのコンサート、テレビ番組に出演したりと幅広く活動している。

今や日本の国民的アーチスト(アイドル?)ともいえる明和電機は、土佐正道(社長)、土佐信道(副社長)の二人の兄弟で構成されていたのだが、パリ在住中に社長が定年退職、前副社長が社長に就任した。

ということで、新社長と工員・見習いという3人でのステージとなった。会場はコンサートの始まる20分前くらいから混雑、中にはカタログを片手にしたマニアらしき人も。

パチモクを身につけた社長がスイッチを入れ、ウィングが開くと共に会場には笑いが。何曲か演奏し、「筑波バリバリ伝説」を最後に、隣の部屋に移動。オブジェのデモンストレーションが始まった。

銃の先にはさんであるりんごがぽとんと落下、「地球の中心に向かって落下」するという「ニュートン・ガン」(新製品)、100vの電流が流れる「放電魚」そして、もう一つの新作「マシンガン」を発表。マツモトキヨシで購入したシャンプーやクリームの入った試験管を壁に向かって撃ち、それらの液体はガンと壁を結ぶビニールの中で交わる、というもの。

このガンを発射中、ビニール(袋状になっている)は膨張し、中間地点で見張っている工員から危険サインが何度も出て、結局、途中で終わってしまった。(これはわざと?)

Galerie Du Jour agnes b.
住所: 44 Rue Quincampoix 75004 Paris
TEL: 01-44-54-55-90

Text and Photo: Aki Ikemura from Ici La Lune

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE