リビング・トゥモロー

PLACE

リビング・トゥモロー」と名付けられたこのパーマネントエキシビジョンでは、明日のテクノロジーが私達の日常生活の中に統合されていく様子を垣間見ることができる。エキシビジョンの隣では、研究開発用の試験場として、また、パートナー会社のための共同的/社会的プラットフォームとして機能するプロジェクトが展開されている。マイクロソフト、ゼロックス、3COM、東芝などのメジャーな企業が、プロジェクトの集中するエリアに最先端のテクノロジーを提供している。この未来の家は、今日のテクノロジーの発展の急速なスピードに追い付くために5年毎に修正/改造される。


リビング・トゥモローはブリュッセル郊外に位置する現代建築の独立した複合体の中に設置され、コンクリートや鉄、ガラスなどが広範囲に渡って使われている。
家の中では、ガイドツアーに参加するという形でリビングルーム、バスルーム、キッチン、ホームシアター、寝室、オフィスをまわり、要所要所でデモや説明を聞くために立ち止まる。ベルギー人建築家、デザイナー、アーティストの作品が、高級感溢れるインテリア装飾の中で重要な役割を果たしている。

家の中は完全にリモートコントロールで繋がれ、食べ物を温めるというシンプルなものから人々を管理するためにアクセスを許可したりという複雑なものまでを制御することが可能。安全面で危機に直面した場合には、家自体が自動的に内部を人工の霧でできた雲で覆い、犯罪者の視界を減少させ、犯罪を防ぐことができる。ガラス屋根に巧妙に配置された光電池は、途切れのなく美しい光の滝を演出し、最大限のソーラーエネルギーを供給する。
また、新しいペインティング技術と素材により、暗い色を使っているにもかかわらず、クリアーなインテリアを実現している。

庭にはジャグジーとプールを設置。未来の野外スイミングプールは従来の鮮やかなブルーというよりはむしろ緑がかった色で、クリアーな池のようにも見え、風景の自然な色合いにうまく調和している。

リビングルームに入ると、まず高い窓が注意を引く。窓のレベルでの空気緩和システムが、連続的な自然の空調を実現する。この空気排除テクノロジーは、20世紀のエアコンよりもよりスムースで自然な気候管理を供給している。

また、定期的な間隔で壁に装置が現れ、壁のプラズマスクリーンに反応しつつ、心地よく光や音楽が流れる。未来のリビングルームはバーチャルまたはリアルライフのミーティング場所へと進化し、テレビを見るということが「ホームシアター」へと変化していくだろう。

リビングルームが自動的にスライドし、キッチンへと導かれる。キッチンの設備やハードウェアが視界に入っては消え、光のバリエーションの中でその色までも変えてしまう。食事の用意をする装置が異なる皿を「認識」し、それに応じて自動的に冷やすか温めるかを決定する。このキッチンで唯一動かすことのできないものは、インターフェイスでエージェントと接続されたフラットスクリーン端末。生物統計学的に保証された支払い設備により、簡単にかつ安全にオンラインショッピングを楽しむことができる。

階段を登ると「ホームシアター」が繰り広げられている。このエリアは、プロジェクターシステムを使い、音響効果を最大限に活用した構造で最高の映画鑑賞を可能にするべく離れた場所に孤立して設置されている。

その隣は寝室となっている。寝室では、眠る人の体型に合わせて適合するプロセッサー制御のベッドを試すことができる。この様子は天井に上品に隠れているレールから吊るされたプラズマスクリーンのモニターでインタラクティブにチェックすることが可能。このレールにより連続した情報の流れを可能にし、住人はスクリーンをバスルームにまで連れていくことができる。

バスルームでは、全ての物が経済的に能率が良く、衛生的であるように考えられている。未来のバスルームでは、水を必要としないトイレや声に反応する蛇口などが実現するだろう。

次は子供部屋へ。ストレスを緩和する丸くカーブした壁や特別にデザインされた鮮やかな色の家具などがあり、ウェブカム付きのラップトップパソコンにより、勉強机に座っている様子を離れた場所から観察することができるようになっている。

ネットワークテクノロジーの出現により、距離的な問題はもはや廃れたものとなり、「ホームオフィス」がより重要になってきている。私達は、明日のインタラクティブなマルチメディアに簡単に出会うことができるのだ。

バーでドリンクを一杯飲み、ツアーが終了。そのバーには空気排除システムのスマートなアプリケーションが設置されていて、目に見えない空気のバリアによってスタッフとクライアントを隔て、それによって衛生を高め、ギャラリーを外の嫌な臭いから守ることができるようになっている。

様々な都会のエリアに設置されたプロジェクトを伴った未来のプラン。設立者は、他大陸における社会地理学上の違いとの相互作用から生まれる発見が知識のシェアを可能にし、コンセプトにさらなる価値を与えることを期待している。

Living Tomorrow
住所:Indringingsweg 1, B-1800 Vilvoorde, Belgium
TEL:+32-2-263 01 33
www.livingtomorrow.be

Text and Photos: Schiettecatte Jan
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE