P.S.1

PLACE


ニューヨークといえば、マンハッタンを思い浮かべる人も多いだろう。でもニューヨークはそれだけではない。さまざまなイベントやショーが、型破りな環境とより良心的な価格で、マンハッタン以外の場所で起こりつつある。マンハッタンはもはや面白い出来事を発見することのできる唯一の場所ではないのだ。

P.S.1は、マンハッタンから10分のロングアイランドにある。以前はパブリックスクールだった建物で(それで「P.S.」という名前になった)、改装されて巨大なギャラリースペースとなった。ペンシルドローイングからあつらえのインスタレーションまで何でもありで、現代アート作品を幅広く扱っている。
中にはドナルド・ジャッドやリチャード・セラなどといった巨匠達の作品もあるが、無名だが良いアーティストを探すならP.S.1は、本当に素晴らしい作品を見つけることの出来る最高の場所だ。バスルームでさえもインスピレーションを得ることが出来る。

展示されている強烈なペインティングとその他作品以上にP.S.1をユニークで価値のあるものにしているのは、インスタレーションだ。クロード・レベクによる作品は階段の至る所に展示されていて、赤い光と鏡を使ってかなりスピリテュアルな空間になっている。ロジャー・ウォーガンによるインスタレーション作品はもっとユニークだ。観客はまず真っ暗なトンネルに入らなければならない。最終的にトンネルは投影された三角形の傾斜した空間になる。明かりが何もない状態に目を慣らすには少し時間がかかる。この作品のように見る人の感覚を狂わせる作品に出会うのはめったにない。

これらのアート作品のほかに、P.S.1では、6月23日から「Warm Up 2: Live and Electronics」というサマーミュージックフェスティバルが開催されている。フィリップ・ジョンソンのデザインによる屋外DJブースとダンスパビリオンは毎週土曜日のイベントのメインステージとなっている。1年目の成功に引き続き、今年は地元ニューヨークのバンドはもとよりロンドンやパリなどからも大勢参加している。

「Warm Up 2: Live and Electronics」は、土曜の午後を過ごすには最適のイベントだ。マンハッタンからたった10分、たった5ドルで素晴らしいアートと音楽に触れることが出来る。その上、ニューヨークの面白さを見逃すことなく、観光客だらけマンハッタンから逃れることも出来る。

P.S.1
住所:22-25 Jackson Ave at 46 th Ave,Long Island City,NY
電話: 718.784.2084
http://www.ps1.org

Text : Rei Inamoto From Interfere.
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE