LOT 61

PLACEText: Eddie Pak

今のニューヨークではみんな、もうかつてほどフロアーでダンスしなくなったと誰かが言ってたけど、それはきっと今のニューヨークではラウンジのような雰囲気のリラックスできる場所が増えてきたせいじゃないかなと思う。

1260_636_0_0_824153651964
© Diana Viñoly 2017

西21丁目に誕生した「Lot 61」。建築家ダイアナ・ヴィノリーによって設計されたかつて巨大なトラック用ガレージだった場所は今や見違えるばかりの洒落たバー/ラウンジに変身した。

1260_636_0_0_980973653417
© Diana Viñoly 2017

精神障害施設から運びこまれたとされる赤とブラウンの椅子とソファ、随所に使われている透明素材が興味深い光の形状を創りだし、暖炉や大きな鉄製のバー、ゼブラ・プリントのソファそしてグルーヴィーなビート!またヴァネッサ・ビークロフト、ジョージュ・パードそしてダミアン・ハースト作のこの場所のための特製の作品まで陳列。

1260_636_0_0_768362842902
© Diana Viñoly 2017

スペースは巨大で(優に200席は超える)まるでがらんとした雰囲気がありラウンジには適さない感じなのだが、これもヴィノリーの確信犯的デザインの真骨頂で、客の込み具合にあわせて透明なスライドパネルが開いたり、閉じたりするように設計されているのだった。

ちょっと派手で思わせぶりな雰囲気ではあるが、リラックスして軽くアルコールを煽るには良い場所である。ある晩、友人であるジェームスと訪れたときの彼の第一声がここを形容するのに適切だろう、『ディカプリオはどこだ?』

Lot 61
住所:550 W 21st St., Manhattan, NY 10011
TEL:212-243-6555
http://www.lot61.com

Text: Eddie Pak

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE