NIKE 公式オンラインストア

フォンス・ヒックマン「タッチ・ミー・ゼア」

THINGSText: Tim Engel

フォンス・マティアス・ヒックマンは37歳のドイツのグラフィックデザイナー。彼はドイツのルール地方で生れ、デュッセルドルフに10年間住み、独文学と哲学をやめた後に写真とデザインを学んだ。それと同時に、ヴッパータールで、美学とメディア理論を研究した。現在は、オーストリア・ウィーンの応用美術大学のグラフィックデザインの教授でもある。

フォンス ヒックマン M23は、彼が3年前に設立したスタジオ。スタジオの仕事は、知的、概念的、分析的だが、ユーモアの感覚も持っており、コーポレートデザイン、本、ポスターデザイン、エディトリアルデザインとデジタルメディアまでをカバーしている。

Touch Me There」は、このスタジオによる多数の作品を包括的に紹介した初めての一冊。著者やアーティストからの提供作品はもちろん、ポスター、マガジン、企業や展覧会のデザインといった分野の実現することのなかったプロジェクトも含まれている。本書は、英語/独語のバイリンガル仕様で、ドイツのゲシュタルテン出版からリリースされたもの。

コンテンツは、フォンス・ヒックマンと彼の作品に関連するサブジェクト・エリアに従って8つのセクション:音楽、哲学、サッカー、建築、映画、政治、アート、シアターに分類、構成されている。また、一冊を通して引かれているナビゲーション線は、最も読者の関心がある本のセクションに誘導するオペレーション・システムとしても活用できるようになっている。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
鈴木将弘
MoMA STORE