最果タヒ展「われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。」

NEWSText: Editor

今年夏に福岡にて開催され好評を博した、注目の現代詩人・最果タヒの“詩の展示”「最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。」が、渋谷パルコにて12月4日から20日にかけて巡回開催される。本展に先駆け、渋谷パルコ一階に、幅6mを超える詩の巨大アートウォールが登場。

スマートフォンで詩を書き、現代の感情を繊細かつ鋭く表現する最果タヒの作品発表の場は、書籍はもちろんインターネット上にもとどまらず、映画、広告、音楽、アートなど幅広い分野で数々の新しい詩の運動をまきおこしてきた。今回の「詩の展示」は至る所に詩が展開された空間を、読者が歩き回って「詩になる直前」の言葉を体感するインスタレーションだ。

本展覧会では会期中に様々な分野で活躍するゲストを迎えてのトーク+朗読イベントが行われるほか、新たな詩の展示作品を追加予定。パルコ初の巡回地として、初回の渋谷店に続き、名古屋店(2021年2月13日~28日)・心斎橋店(2021年3月5日~21日)の各パルコでも順次巡回予定。各会場では、展覧会併設ショップにて新作を含むオリジナルグッズも販売が予定されている。

「最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。」
会期:2020年12月4日(金)~20日(日)
時間:11:00~21:00(会期中無休)
会場:渋谷パルコ4階 パルコミュージアムトーキョー
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1
入場料:一般800円、ミニ本付チケット1,800円
https://iesot6.com

Text: Editor

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE