「コロナ禍のクリエーション」展

NEWSText: Editor

コロナ禍で生まれた世界中のクリエーションを集めた企画展「コロナ禍のクリエーション」が、12月5日から来年1月17日まで渋谷スクランブルスクエア14FのNHKプラスクロスSHIBUYAにて本開催される。(11月24日から一部スペースのみ公開中)

新型コロナウイルス感染症によって、日常生活に様々な制約が課せられた2020年。それでも人々はこの困難を乗り越えるため、そして苦しみの中でも楽しむことを忘れないため、クリエイティビティを駆使してさまざまな表現を生み出し続けている。
本展では、そんなコロナ禍だからこそ生まれたクリエーションに注目し、様々な事例を世界中から集め、展示を行う。

稽古から上演まで役者が全員遠隔地のもと制作された劇団ノーミーツの演劇「門外不出モラトリアム」や、100年以上の歴史を持つ自転車レースをバーチャルで初開催し、リモートであることを楽しさに変えようとした「バーチャル ツール・ド・フランス」などの NHK「テクネ 映像の教室 with コロナのクリエイション」と連携した映像作品集、リアルではなくバーチャルで人と会う体験を再現した仮想空間の街「バーチャル渋谷」など、コロナ禍だからこそ生み出された世界中のクリエーションを紹介。

本展の企画・プロデュース・制作を担当したクリエイティブ・スタジオ Whatever Inc.(ワットエバー)は、遠隔でロボットを操作することで展示鑑賞をオンラインで楽しめるシステム「ROBOT VIEWING」や、自分の描いたらくがきに命が吹き込めるアプリ「らくがきAR」のエンジンをつかったアマビエを描く体験コーナーなどの作品を展示する。

「コロナ禍のクリエーション」展
会期:2020年11月24日(火)~2021年1月17日(日)
時間:11:00~21:00
※営業日は渋谷スクランブルスクエアの営業日に準ずる
会場:NHKプラスクロスSHIBUYA(渋谷スクランブルスクエア14F)
住所:東京都渋谷区渋谷2丁目24-12
入場無料
主催:NHK
https://www.nhk.or.jp/plusx/event/creation/

Text: Editor

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE