「数寄景/NEW VIEW — 日本を継ぐ, 現代アートのいま」

NEWSText: Editor

日本美術の“文化遺伝子”を継承するアーティスト17組を紹介する展覧会「数寄景/NEW VIEW — 日本を継ぐ, 現代アートのいま」が、三菱地所アルティアム福岡三越「三越ギャラリー」の二会場で開催。また、東京巡回展が3月18日から23日にかけて日本橋三越本店本館7階で開催される。

本展では、人気作家から若手まで17組のアーティストによる作品を、古くより息づく日本独自の美意識から紐解くもので、日本文化のキーワードから選んだ、「あやし」「見立て」「うつろひ」「なぞらえ」「かさね」「ゆらぎ」「今様」「奇想」の8つのセクションで作品を紹介、これからの日本美術への問いかけと、可能性を見出す。

展示構成は、それぞれのセクションごとに、それぞれ二組(一部三組)のアーティストの作品を対峙。お互いがせめぎ合い、重なり合う、現代アートのいまを体感できる場を仕掛ける。現在もっとも注目を集めるアーティストから新世代のアーティストまで、現代の「数寄者」たちの作品は、私たちにどんな新しい風景「NEW VIEW」を見せてくれるだろうか。

出展作家:青山悟、赤松音呂、池田学、岩崎貴宏、岡本瑛里、荻野夕奈、金子富之、川人綾、木村了子、チームラボ、中北紘子、橋爪彩、水野里奈、宮永愛子、宮本佳美、山本竜基、淀川テクニック

「数寄景/NEW VIEW — 日本を継ぐ, 現代アートのいま」
会期:2020年2月1日(土)〜3月8日(日)
時間:10:00 – 20:00
休館日:2月18日(火)、19日(水)
会場:三菱地所アルティアム
住所:福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8階
入場料:一般 400円、学生 300円、高校生以下無料
キュュレーション:三潴末雄(ミヅマアートギャラリー)
ディレクション:仲世古佳伸
プロデュース:井村優三(イムラアートギャラリー)
http://artium.jp

*福岡三越「三越ギャラリー」は 2月26日から開催。別途要入場料。三菱地所アルティアムのチケット提示で2名様まで100円引

Text: Editor

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
“Unknowna
MoMA STORE