KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2018

NEWSText: Editor

KYOTOGRAPHIE2018

世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」が4月14日から5月13日まで開催される。第6回を迎える今回のテーマは「UP」。

ADVERTISEMENT

「KYOTOGRAPHIE」は、日本および海外の重要作品や貴重な写真コレクションを、京都文化博物館別館、建仁寺内の両足院、誉田屋源兵衛 黒蔵や竹院の間、三三九(旧貯氷庫)、京都市中央市場、京都新聞ビル 印刷工場跡、y gionなど、趣のある歴史的建造物や、モダンな近現代建築の空間に展開し、ときに伝統工芸職人や最先端テクノロジーとのコラボレーションも実現するなど、京都ならではの特徴ある写真祭を目指している。

今回は、写真家、グラフィックデザイナー、アートディレクター、映像監督など多岐にわたり活躍し、イメージメーカーとして名を博しているジャン=ポール・グード(フランス)や、ヨーロッパでカルト的な人気を誇るアルベルト・ガリシア・アリックス(スペイン)、1950年代からファッション写真の表現にルポルタージュ的感覚を取り入れるなど新風を吹き込み、このジャンルの黄金期を担った写真家の一人として知られるフランク・ホーヴァット(フランス)らによる国内初となる本格的な個展や、深瀬昌久、中川幸夫らの没後初となる大回顧展を開催。また、中国の人気作家、リュウ・ボーリン、2017年にKG+アワードを受賞した森田具海、大学在学中に自分自身をモデルとして作品を制作し、世界中で注目を集める宮崎いず美(共に1994年生まれ)など若手作家の注目作品も展示される。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2018
会期:2018年4月14日(土)~5月13日(日)
会場:丹波口エリア(京都市中央市場場外)、京都文化博物館 別館、両足院(建仁寺内)、誉田屋源兵衛 黒蔵/竹院の間、ASPHODEL、y gion 他
主催:一般社団法人 KYOTOGRAPHIE
共催:京都市、京都市教育委員会
https://www.kyotographie.jp

Text: Editor

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE