チェルフィッチュの映像演劇「渚・瞼・カーテン」

NEWSText: Editor

《楽屋で台本を読む女》2017-18, © Chelfitsch, Courtesy of Precog

《楽屋で台本を読む女》2017-18年, © Chelfitsch, Courtesy of Precog

熊本市現代美術館で、演劇作家・岡田利規(チェルフィッチュ主宰)による、演劇公演/展覧会「渚・瞼・カーテン」が、4月28日から6月17日にかけて開催される。

ADVERTISEMENT

〈映像演劇〉とは、岡田が舞台映像デザイナーの山田晋平とともに取り組み始めた新しい形式の演劇。投影された映像が人の感覚に引き起こす作用によって展示空間を上演空間へと変容させる試みだ。

この演劇公演/展覧会のタイトル「渚・瞼・カーテン」は境界の、線や壁といった頑ななものとは異なる柔らかくて曖昧なありようについて想像するための、ヒントになるかもしれない3つの単語を並べたもの。境界のありようをテーマにした6本の〈映像演劇〉によって、観客は「映像」と「演劇」という二つの異なる形式から、現実とフィクションという二つの領域を同時に体験する。

チェルフィッチュの〈映像演劇〉「渚・瞼・カーテン」
会期:2018年4月28日(土)~ 6月17日(日)
開館時間:10:00~20:00
休館日:火曜日 *ただし5月1日(火)は開館
会場:熊本市現代美術館
住所:熊本県熊本市中央区上通町2-3
観覧料:一般 1,000円
TEL. 096-278-7500
https://www.camk.jp

Text: Editor

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE