澁谷俊彦「ホワイトコレクション3」

NEWSText: Aya Shomura

shibuya2016_h468pix

冬や雪、大地と自然、雪国ならではの新しいアート表現に意欲的に挑み続け、国内のみならずドバイやバンコクなどの海外からも注目を集める美術家・澁谷俊彦の個展「ホワイトコレクション3」が、2016年1月6日よりクラークギャラリー+SHIFTにて開催される。本展では、北海道の白い植物などを色彩の陰影で美しく染めたオブジェを床や壁面へ多数展示する。

ADVERTISEMENT

ホワイトコレクションとは、生命循環・共存・共生を主題とした、環境との媒介となるための一種の標本作品である。モチーフとなるのは、主にタンポポ、フキノトウ、柳、ガガイモ等の綿毛、そして蜂の巣、冬の間に脱色された枯葉といった白を基調とする様々な植物など。全て自らの手で集めることを基本とし、形状を維持するための加工以外は、ほぼ自然のままの姿を保持させている。彼は「私の作品は足下の自然と人の営みを繋ぐ装置として媒介することを目的としている」と語る。

2014年の第43回札幌文化奨励賞受賞後も、手を緩めることなく創作し続ける澁谷。今冬は、札幌だけではなく北海道立帯広美術館で開催中の「思考するアート展 コトバノカタチ」(2015年12月3日~2016年3月16日)、そして「アイスヒルズホテル in 当別」(2016年1月15日~2月28日)でも、彼の写し取る繊細で表情豊かな「冬」の陰影を堪能することができる。

澁谷俊彦個展「WHITE COLLECTION 3」
会期:2016年1月6日(水)~31日(日)
時間:11:00~19:00(月曜日・第三火曜日休廊)
   ※11日は祝日のため営業、12日が振替休廊日になります
会場:クラークギャラリー+SHIFT
住所:札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階
TEL:011-596-7752
http://www.clarkgallery.co.jp

Text: Aya Shomura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE