鋤田正義展「サウンド&ビジョン」

NEWSText: Satsuki Miyanishi

David Bowie 1977 © 1977 / 1997 Risky Folio, Inc. Courtesy of The David Bowie Archive (tm) Photo: Masayoshi Sukita

三菱地所アルティアムにて広告写真、テレビコマーシャル、映像作品など幅広いフィールドで常に第一線で活躍し続けている鋤田正義の回顧展が開催される。鋤田正義は、デヴィッド・ボウイやT.REXのマーク・ボラン、YMOや、布袋寅泰ら国籍を超えてミュージシャンから圧倒的な支持を受けている福岡県出身の写真家。

1956年、高校生時代にはじめて買ってもらったカメラで撮影した母親の写真、リー・モーガンなどのジャズ・ミュージシャン、寺山修司の天井桟敷、ニュー・ウェイブのミュージシャンたちから、現代の俳優やアーティストに至るまで多岐にわたり、撮影した場所も世界中の都市にまたがっている鋤田の写真。

それは ビートニクのような風貌をした鋤田の永遠に終わることのないロードムービーのようなものでもあり、“音の響きと映像の不思議さ”を感じさせてくれる。常にカルチャーと並走しながら、自らシーンに入り込んで撮影された写真は、時代の記録であるとともに、時代を超えているパワーと、ボウイが「SOUND & VISION」で示唆した驚きがある。

鋤田正義展「RETROSPECTIVE SOUND & VISION」
会期:2013年9月27日~10月27日(10月15日休館)
時間:10:00〜20:00
入場料:一般400円、学生300円、高校生以下無料
会場:三菱地所アルティアム
住所:福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
TEL:092-733-2050
http://artium.jp

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE