コレット・ニュース 7月 2017

COLETTE, THINGSText: Guillaume Salmon

ギョーム・サルモンは2002年からコレットのプレスを担当し、あらゆる文化と世界が集まるパリでの人生を楽しんでいる。フランス西海岸出身の彼だが、これまでもこれからも永遠にパリジャンであり続ける。その理由はただひとつ、パリは魔法の街だから!コレット的生活を誇りとし、歓びとする彼から、毎月お勧めのリストをお届けする。

ezgif-1-1fc798f1d6ezgif-1-5e6d448d90

アイ・ラブ・コロンビア
2017年は、フランスとコロンビアが国際的なパートナーシップを築く上で記念すべき節目となる年だ。コロンビア出身のファッションデザイナー、エステバン・コルタサルが、同郷のデザイナー達と開発したプロダクトの数々を目にしてほしい。7月10日から22日まで。

jKOtfveqomBMBEhHhPiGoy6F2gXQl3WHYkFLanNShbz220D77q15gDExJlG25boENj7iuGwQ-6zJOAvlng6H7BCJVzBxkTohd_pxGw5nDVl9JfzQSpXo_E1C-rFxTitQHVIxDjF4E98fpvZfKzF304YeJ8-fVy6QzXVvZhQ=s0-d-e1-ft

エルゴベビー X キース・ヘリング
大切な赤ちゃんをいつも抱きしめていられるハワイ生まれのベビーキャリア・ブランド「エルゴベビー」から、キース・ヘリングとの2種類のコラボレーション・モデルが、7月4日にプレ・リリースされた。

ezgif-1-d49ef2644e

デジタル・デトックス
普段スマートフォンに依存気味という人は、夏休みにデジタル・デトックスを試してみては?シンプルな機能に限定した「パンキット」の携帯電話に持ち替えたり、「パーリング」の美しいダーツで遊んだり、「レゴ」のノートと色鉛筆でスケッチを楽しむのも良いだろう。

_YbarNOLgTbuwQ4KPhUmGUVEMsNRkzbAKTuPnkwK6ar0upC_VlqepLV5iKYUP4EWhhsUJjdSfdtFtiUanLC6jfjwGwUfiqyuZ_aHTBUQ783rnUPvv-1GDwV5hX8VWoZglUOTzAQLHJ8dpFPwuxjWyXKDqETD9VboyWnKhU4=s0-d-e1-ftC6r4x9CAgJFO5JvyO1jXmT4s_Nerl3Uj5mPbElFmh1lBT3_WJ8fTJULoZ8ldy--Y2xqy4bBFPoaPYdoAQVH098yoAqRq5MThICqfg0v3RcUFqs5ysrcldN_gCTiv20A8nKwIqnPlOn7YB2CNlUDPAB2YMQbOQhBC6SUCBSI=s0-d-e1-ft

グラフテッド

国内外で高い評価を受けるニューヨーク生まれの陶芸家・アダム・シルヴァーマンと、日本中を旅して集めた個性あふれる植物を、 その個体の特徴を引き出す器とあわせて提案する「」(くさむら)の店主・小田康平による貴重なコラボレーションが書籍化された。

XIyBFJLAH_dUOT5O99u9e85NGnWjP7hCRy3MOkQSaCLi_wd5q-ECrfYaUUtVsrVtS53dMEW1edSlEztPf9aanxl-0reACiiOJLGItH0rDI_C-XDaXEYjUWJuj5MxCYpg4dVPUUR0eh4StlQHlNMIwSRHAkIriljDqPUZySk=s0-d-e1-ft

エールフランス・チューインガム
飛行機の離着陸で、気圧の変化による耳の痛みがたまらないという搭乗客の為に、エールフランスとベティックが共同で、噛む事で耳の内圧を回復するチューインガムを開発した。味は、フランス人が愛するマカロン・ピスタチオとクレームブリュレの二種類。

Text: Guillaume Salmon
Translation: Ayumi Yakura

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE