エディター・マーケット

PLACEText: Celeste Najt

ブエノスアイレスの繁華街はとても魅力的。おそらく昔の趣を最も残している地域と言えるだろう。それが、新しいデパート「エディター・マーケット」がこの地域に誕生した理由と言っても過言ではない。エディターは、コリエンテス通りとサンマルティン通りに位置する1943年のラショナリズム(合理主義)の建物を利用している。デパートをよく利用する旅行者には、ぜひこのブエノスアイレスの全く新しい冒険のようなデパートに注目して欲しい。かつてハロッズ、ガテ・イ・シャベス、カーサパラティのような大きなデパートが立ち並んだ時代もあったが、いずれにしろ、そう長くは続かなかった。

Editor-Market-Buenos-Aires-20

エディターができる以前は、何か買い物をする際には2つの選択しかなかった。衣類やインテリアなどを選ぶために最適な店を求めて街を歩くか、いつも希望にかなう買い物ができるとは限らないが、全てが揃うショッピングモールへ行くか。これは簡単だが面白い方法は言えない。エディターを手掛けたのは、今やアルゼンチンのメジャーブランドとなったマリア・シェールA.Y.ノット・デッドなどを手掛ける起業家ガブリエル・ブレナー。

editormarket04
© Javier Agustin Rojas

エディターが提供するのはアイコンを使いマルチカテゴリー化された、トレンドを生み出し発信するユニークなショッピングの時間。常に流動的で、進化し続けるダイナミックなスペースで商品を販売している。また、ここでは革新的に統合したデザインと技術を用い、オンラインとオフラインの双方からアプローチするプロジェクトが、レディース、メンズ、インテリア、ビューティー、キッズ、ホビー、カフェなど各カテゴリーのエキスパートたちが精選したユニークで特色あるセレクションで創り上げられている。

editormarket02
© Javier Agustin Rojas

各フロアは、テーマに沿って揃えられた様々な商品が並ぶ。地下はテクノロジーのセクション、1階はトレンディで上品な居心地の良いカフェスペース。2階はタッチスクリーンで商品とその特徴を調べることができる香水のエリアがあり、レディースファッションへ続く。3〜4階は更にレディースファッションとシューズのエリアがあり、5階はメンズ、6階には特設会場とリネン製品のエリア、7〜8階はインテリアを扱っており、素敵なディスプレイは9階で終わりを迎える。ここにはキッズのエリア、小規模なデザインブックの店、自転車ショップがある。

エディターにおいて最も面白いのは、シックなセレクトでメンズとレディースファッションを扱う「リヴィエラ」、驚くほどアーティスティックな香水、キャンドルを扱う「フェギア」、マリア・シェールによる洗練された優美な新しいインテリアデザインプロジェクト「エストゥディオ・シェール」など才能あふれるアルゼンチンのブランドのラインナップを楽しめることだ。

editormarket03
© Javier Agustin Rojas

全体のプロジェクト計画では、都心や郊外合わせて3〜6店舗を年内にオープンさせる予定だ。ブエノスアイレスの最先端の人々が集う2店舗目はすでにパレルモに誕生している。各店舗は1,500~2,000㎡の広さを持ち、素敵なテイストと革新的なマーケットに挑戦し続ける。

エディターを見て回る価値は十分にある。思ったよりも簡単に恋に落ちてしまうに違いない。

Editor Market
住所:Avenida Corrientes 503, Dorrego 2133, Palermo, Buenos Aires
時間:10:00~20:00 (日曜祝日は12:00~)
TEL:+54-11-5256-2575
http://www.editormarket.com.ar

Text: Celeste Najt
Translation: Satsuki Miyanishi
Photos: javier agustin rojas

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE