SUNDAY(サンデー)

PLACEText: Yuko Miyakoshi

現代アートコレクターの家を訪れたら 

2011年夏、東京・三宿に同時オープンした アートスペース「CUPSULE」(カプセル)とカフェ「SUNDAY」(サンデー)。この二つの新しいスポットは、居心地良く過ごせるスペースでありながら、現代アートコレクターのコレクションに触れられる場でもある。

SUNDAY(サンデー)
店内奥の展示ルームは、2〜3ヶ月ごとに展示が入れ替えられる。壁面の絵画は左から田中功起、金氏徹平作品。植物のプランターには、ロケットの先端部品を作ることで知られる北嶋絞製作所製のものを使用している。

地下への階段を降りると、吹き抜けの空間に大きな植物が置かれたピロティーがあり、とっても開放的だ。サンデーの店内も広々としていて、風通しの良い空間になっている。このカフェレストランを、コマーシャルギャラリーでもない、オルターナティブスペースでもない、家がそのままギャラリーになったような空間にしたかった、とオーナーは語る。店内には書斎のようにデスクが置かれた部屋や、広い展示ルームがあり、キッチンからトイレに至るすべての部屋にアートを見つけることができる。思い思いの場所で美味しい料理を食べながらくつろいだ時間を過ごして欲しい、というコンセプトが生きた空間だからこそ、鑑賞するばかりだった現代アートが、なんだか身近に感じられてくる。美を極めたような作品だけではなく、可愛い作品やどこかユーモラスな趣きのある作品があるというのも、ホッとできる理由の一つかもしれない。

desk_room.JPG
デスク上のジュエリーは、PLANT/PLANTのもの。正面の写真は柴田敏雄 作品

コレクターには自分で作品を買うという、キュレーターとはまた違った責任感があり、そのスタンスでアートを紹介しているギャラリーは、日本ではまだまだ少ないという。オーナーに、現代アートを集める醍醐味は何ですか?と尋ねると『まだ価値の定まっていない「今」生きている作家の作品を買うことができ、作家と話せること』と教えてくれた。また『現代アートは、そのコンセプトやアーティストの人となりを知ることができるのが面白い』と語るオーナーの言葉からは、アーティストへの愛情と、今の時代に生まれてくる真摯な表現に少しでも近付きたい、という誠実な思いが伝わってくる。コレクターの中には、コレクションすることだけを目的にするのではなく、アーティストを支援するという思いも込めて作品を手に入れる方々が確かに存在するのだ。

SUNDAY(サンデー)
入口正面のフロアーでは、その時々のテーマに合った映像を流している。写真は大崎のぶゆき「World falls/Swimming the world」(2010)

店内のここそこには、さまざまなジャンルの ”アート” が見られる。砂漠やどこか辺境の地にでも生えていそうな個性的な植物は、プラントハンター西畠清順さんによるもの。外国の小学校にでもありそうな可愛いイスは、木製家具の工房「monokraft」がサンデーのために作ったもの。ここにあるものは、どれもそれぞれのストーリーをたずさえてやって来たものたちばかりだから、気になるものがあったら、ぜひ出目をたずねて見て欲しい。
また、料理も美味しく、海外のアートフェアに合わせたメニューなども登場する。ケーキとお茶から本格的なディナーまで楽しめるので、もし「アートにはあまり興味がない」という友人を誘っても、きっと文句は言われないだろう。

L9999633_2.jpg
カプセルで行われたカウボーイとフォトン展 展示風景

ホワイトキューブの空間を備えた「CUPSULE」では、普段は見ることができない個人コレクターのコレクションや、ギャラリーをまたいだコラボレーションなどを展開していくという。8月のオープニング時の企画展「カウボーイとフォトン」では、青山悟、秋吉風人、榎本耕一の作品を紹介し、バックグラウンドや表現手段の全く異なる作家による実験的なコラボレーションを見せた。また、現代アートだけではなく、古美術や家具、クラフト、ファッション、活版印刷展なども紹介されていく予定だから楽しみだ。

スケジュールの合間を縫って早足でアートフェアを巡ったり、会期終了間際に美術館に駆け込んだり、あわただしくアートを鑑賞することもあるけれど、ゆったりと時間を過ごす中で作品を眺めていると、こうして過ごす時間自体がいいなあ、と思える。「もしかしてこれがコレクターの日常?」と錯覚を覚える頃には、すっかりこの空間のトッリクにはまってしまったのかも。一人で訪れてコレクターの妙趣に触れるのも、大勢で訪れてわいわいやるのも、どちらもおすすめ。肩の力を抜いてアートを楽しめるお店だ。

SUNDAY(サンデー)
住所:東京都世田谷区池尻 2-7-12
営業時間:11:00〜23:00(LO 22:00)
TEL:03-6413-8055
http://www.sunday-cafe.jp

Text: Yuko Miyakoshi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE