上田義彦写真展「鎮まる」

HAPPENINGText: Yuko Miyakoshi

川瀬敏郎(花人) × 上田義彦(写真家)

東日本大震災 3.11 から間もない頃、花人・川瀬敏郎と写真家・上田義彦のコラボレーションによる「鎮まる」の撮影は行われた。

『花は花の事情で己から鎮まる。それは人間にとって絶対他者であるが故に、人を救うことができる。』

編集者/クリエイティブディレクターの後藤繁雄氏は、川瀬氏のこのことばが「畏怖すべき自然が逆説的に人を換気させる倫理のありようを問いかける」と書いている。(アートメディア「Tobi」本展覧会の特集より)

上田義彦写真展「鎮まる」
花:枯蓮の葉 器:古代ローマ時代 テラコッタ製足形残次 個人蔵 © Yoshihiko Ueda

川瀬氏は1948年京都生まれ。幼少より最古のいけばな流派 池坊の花道を学び、日本大学芸術学部を卒業後、パリ大学へ留学。帰国後は流派に属さず、いけばなの原型である「たてはな」と千利休が大成した自由な花「なげいれ」をもとに、花によって「日本の肖像」を描くという独自の創作活動を続ける。

上田氏は1957年兵庫県生まれ。ファッション写真に始まり、広告写真、コマーシャルフィルムの撮影や演出を行いながら、並行して、数多くの写真作品を撮り続けている。代表作品として、アメリカインディアンの聖なる森を捉えた「QUINAULT」、舞踏家・天児牛大を撮影した「AMAGATSU」、自身の家族を写した「at Home」、ミャンマーの僧院を撮影した「YUME」などがある。

ueda02.jpeg
花:檜、杉の皮 器:金銅華瓶 (室町時代)個人蔵 © Yoshihiko Ueda

今回の展覧会では、それぞれに独自の道を歩んできた花人と写真家が後藤繁雄氏によって引き合わされ、コラボレーションが叶った。川瀬氏が室町/鎌倉時代の仏具に枯蓮の花や枯杉、樒(しきみ)などの祈りの花を活け、上田氏が撮る。この展覧会には、被災者の方々への鎮魂の想いと、災いが鎮まるようにという祈りが込められている。

撮影からフィルムの現像、プリントまでを必ず自らが行うという上田氏は、暗室作業が特に好きで、その時間を大切にしているという。氏が自然を捉えた写真といえば、「QUINAULT」の青みを帯びた緑が印象的だが、今回のグレーと藍を帯びた色合いは、「QUINAULT」の生彩に満ちた色とはまた異なり、深く複雑だ。グレーというと老成したイメージを思い浮かべるが、上田氏のグレーには絶望や希望、誕生や死といった相反するものが同時に滲み出ているような複雑さがあり、圧倒される。その実感は事前にウェブで見ていた時よりもやはり、本物を目にして初めて感じられた。

ueda04.jpeg
花:柃(ひさかき) 器:金銅華瓶 (鎌倉時代)個人蔵 © Yoshihiko Ueda

ギャラリーはアートを尊ぶ者にとって、なんと安全な場所なんだろうか。そこではすさまじい量の情報からも、外界の危険や猥雑さからも逃れ、純化された美だけと向き合うことができる。だが、そこにある上田氏の写真には、ともすると安全や洗練に安住しがちなハイブローの志向は微塵もない。
上田氏は、以前から見つめて来た自然の美しさ、生命、哀しみ、自然の恐ろしさなどと向き合い、闘っている。そしてそれを生々しく表現するのではなく、生彩を抑えた渋い色味で仕上げている。

展覧会の初日は、朝から雨が激しく降ったり弱まったりを繰り返し、鑑賞の場をよりいっそう静かなものにしていた。そして、その安全な場所—今回のG/Pギャラリーの照明を抑えた薄暗い空間—の涼やかさが寺院や神社の境内にも似て、鎮魂の場になりうると気付く。ここは東京・恵比寿のホワイトキューブギャラリーのはずだったが…。両氏の作品にはそれほどの力がある。

冒頭に引用した川瀬氏のことばの中の「救う」というキーワードからは、古来より自然界にあらがうことなく自然を畏怖し、祈りを捧げ、災いをもたらした自然からまた救済も受け、共に生きてきた日本人の生き方が感じられる。その生き方には、 3.11後に日本が世界から驚嘆を受けた辛抱強さや穏やかさがあるのかもしれないと思う。

ueda05.jpeg
花:枯杉 器:金銅華瓶 (鎌倉時代)個人蔵 © Yoshihiko Ueda

川瀬氏は、枯れた花はエネルギーの頂点だという。写真からは確かにエネルギー感じられたが、枯れた植物になぜエネルギーを感じるのだろうかと思った。写真を見るうちに、そうか、花や葉は枯れた後に土に還り、分解され、また新たな生が育つ環境に生成される。枯れつつある植物も生態系の大きな流れの一部なのか、ということに思い至った。森羅万象ということばが思い浮かぶ。だが、もっと原始的なことばが合うような気がし、これは言語化される前のイメージなのかもしれないと思う。さらにここに表されているのは太古だけではなく、今によみがえるイメージではないか。その掴みかけた感覚にもっと近づきたく、また写真の前に立ち、ことばと自然の無為の間に身を鎮める。
そうすると知るはずのない、自然界のあらゆるものと心を通わせていた日本人の心に触れられるような気がする。

「鎮まる」の撮影の後、上田氏は屋久島の撮影へと旅立った。作品は近々発表されるそうだが、その作風は今回のものとはまた異なるという。現実と真正面から向き合う上田氏の3.11後の取り組みは、さらに次なるフェーズへと進んでいる。そのことに驚きと尊敬の思いを隠せない。

上田義彦写真展「鎮まる」
会期:2011年8月19日(金)〜9月18日(日)
営業時間 : 12:00〜20:00(月曜日定休)
会場:G/P gallery
住所:東京都渋谷区恵比寿1-18-4・NADiff A/P/A/R/T 2F
TEL: 03-5422-9331
http://gptokyo.jp

Text: Yuko Miyakoshi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE