タブロイド

PLACEText: mina

タブロイド
© soulplanet

約2年近いプロジェクト期間を経て、2010年5月東京・日の出に誕生した、カルチャースポット「タブロイド」。古い印刷工場がコンバージョンされた、多目的なイベントスペースにスタジオ機能を併せ持つ、新たな文化発信拠点だ。“クリエイターズ・ディストリクト”という大きなメインコンセプトを掲げ、東京の湾岸でクリエイターたちに刺さるような面白い空間を目指している。

tabloid01.jpg

新聞のタブロイドが刷られていたことから名付けられたこの施設は、印刷工場跡地というその構造を活かしたデザインが考えられている。部屋数が多く、隠し部屋や大きなイベントスペースや、個性的な撮影スタジオが用意され、工場の食堂をイメージしたカフェもある。

tabloidsatuei.JPG
Photo: mina

ここタブロイドでは、レディガガのシークレットライブやアートプロジェクト「THE ART HOTEL NEST TOKYO」など、早くも独創的なクリエイションのプレゼンテーションの場として、機能し始めている。

tumitobatsu_main.jpg
THE ART HOTEL NEST TOKYO Vol.1 リトゥンアフターワーズ・コレクション「罪と罰」 Photo: Kanako Sasaki

『時間の経過とともに伝説的な空間になっていき、常にクリエイターにも注目してもらえるような仕掛けを考えています。部屋をたくさん持つ、この建物自体をホテルとして捉え、アートが旅をし、泊まり、出会う。そんな活動のすべてをこのアートプロジェクトとして、やっていこうというものです。』と、THE ART HOTEL NEST TOKYOを主催する、株式会社ソウルプラネット代表の佐藤氏は語る。 

tabloid_overall01.JPG
© soulplanet

エントランスにはフリーのブックスペースの他に、テラス付きのビストロ・カフェ「OVER ALL」(オーバーオール)がある。ポークジンジャー、ハンバーグ、牛ハラミのコチュジャン焼きなどの定食(1,200円〜)を始め、「国産豚ロース ブルーチーズとフルーツのチャツネ」(2,800円)など、本日のスペシャルメニューが揃い、一皿のポーションも大ぶりで食べ応えがあるのが特徴だ。

PHOTO09.JPG
© soulplanet

国内外のアーティストやクリエイターが集い、ここから発信される感性の化学反応を体験する場としてはもちろん、ゆりかもめで芝浦ふ頭やお台場海浜公園に出掛けた際や、天気の良い日には浜松町からの散策の寄り道にもおすすめだ。(JR新橋駅からゆりかもめに乗車して約6分。)世界から見て、今の東京がどの様に映るのか。そのひとつの解をタブロイドのイベントで見ることができるだろう。

タブロイド
住所:東京都港区海岸2-6-24
TEL:03-5484-7704(株式会社SOULPLANET
info@planetstudio.jp
http://www.soulplanet.jp

Text: mina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE