火炭芸術村

PLACEText: Yuka Nakamura (ARI)

香港の中心から南に位置する、火炭芸術村(Fotanian)。かつては香港の主な工場地帯の一つだったが、2000年以来多くの製造業が中国本土へと移った為、工場だった多くの建物が空虚となり、芸術家が広い制作スペースを求めて移り住んでいる、香港地区で最大の芸術群落である。

火炭芸術村

スペースの多くは芸術家のアトリエとして利用されている為、普段は一般の人は入ることができないが、2003年以来年に一度、オープンスタジオプログラムが組まれ、一般の人でも、若いこれからの芸術家や、大作に取り組む作家の作品を見にアトリエスペースを訪れる事ができる。このオープンスタジオプログラムは、移り住む芸術家の数に比例して年々訪問者数が増え、今年2009年には アートとクリエーティブ文化のハブとして2008年に設立されたジョッキー・クラブ・アーツ・センター(JCCAC)と同時開催を試み、49のスタジオと170人以上のアーティストが参加し、1万人以上の芸術愛好家が訪れた。

8.jpg

アート関係のスタジオやアトリエは、火炭村にある18の工場ビルの空きスペースに点在している。その中で最も多くスタジオがある號華聯工業中心(ワリュン・インダストリアルセンタービル)が中心的存在となり、今回はその中のUnit A側のビルに入っている、現代アートの展覧会や音楽・パフォーマンス等のイベントを手掛けるブルー・ロータス・ギャラリーと、その隣のUnit Bにアトリエを構えるクリストファー・クーという現代アート作家を訪れた。

3.jpg

香港のギャラリーが集まる中環(Central)のSOHOエリアでは大きなスペースを構える事が難しいが、この火炭では十分な展示スペースを確保できると、2007年にサラ・ヴァン・インゲルゴンによって設立されたブルー・ロータス・ギャラリーは、5階にメインスペースを、1階にサブスペース「Stage1」を構えている。メインスペースには、山を背景に大きな窓が2つあり開放的な空間となっているが、日中は日差しが入る為、窓のないホワイトキューブでの展示が好ましい展覧会はStage1のスペースを利用するとのこと。

現在、Stage1では 東京のアートマネージメントオフィス「ARI」に所属の吉光健大の個展「FLaT DaNCe」が開催されているが、この展覧会はホワイトキューブを金魚鉢に見立てた空間作りをしている為、メインスペースの使い分けとしてStage1の小さな空間を有効利用している良い例と言えるだろう。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE