トドフント

PLACEText: Julio Cesar Palacio

とっても小さくてパーソナルなプロジェクトが、街一番の話題となった。

昨年、バルセロナのボーン地区に廃墟を見つけたアンドレア・ゴメスは、そのスペースをリフォームして、街のカルチャー・ミーティングポイント(文化の集会場)を設立することに決めた。友人の助けをかりて数ヶ月リフォームに費やし、ついに2008年4月、10数名のアーティストや友人の作品を発表する展示「スーパーコステレーション」と共に、そのスペース「トドフント(TODOJUNTO)」をオープンした。

TODOJUNTO

そのオープニングのものすごい混雑具合から、この場所がどれだけ地元のアーティスト、キュレーター、近所の人々より期待されているのかが分かった。実に多くの人がトドフントのオープニングに集まったのだ。こんなことは、ここ最近のバルセロナではあまり起こらなかったことである。

TODOJUNTO

トドフントは、DIYの展示スペースであり、コンサートスペース、ブックストア、ミュージックストア、そして、MiukJoystickが所属するグラフィックデザイン・スタジオでもある。すなわち、トドフントは、最高のカルチャープログラムを提供するバルセロナの新しい合流点なのだ。

TODOJUNTO

最近僕らは、トドフントでの、モニカ・ナランホや、ポルトガルのデュオ、フリオ・ドルベスとルイ・ビットリーノ・サントスのようなイラストレーターたちの作品を発表する美しい展示の手伝いをした。また、ルーク・サザーランドとジャー・レイドによる8時間ノンストップコンサート「ロング・パフォーマンス」という貴重な体験もした。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ミルク倉庫+ココナッツ
MoMA STORE