ジンスターズ・トーキング

HAPPENING

ポートランドは驚くべき街である。絶えず変化し続けているのでついていくのにも難しいくらいだ。先日のファースト・サーズデイにて、私はポニークラブのアーティスト、テオ・エルズワーズと話をした。私が知らないポートランドのジン・コミュニティーについて教えてくれた。

ジンスターズ・トーキングZinesters Talking


ポートランドのダウンタウンにあるセントラル・ライブラリーは、サマーレクチャーシリーズ「ジンスターズ・トーキング」を主催してきた。ご想像の通り、ノースウェスト地方のジン創立者や作家(通称ジンスター)の公開レクチャーだ。テオもこのレクチャーシリーズの1つに参加していて、招待してくれた。今まで私が参加してきた中でも最高のレクチャーだったと確かにいえる。

ケリー・フローショーン・クリステンセン率いるこのレクチャー。テオはこのジンの5人いるコラボレーターの内の1人で、彼の他にはキャサリン・リーチステファン・サイトウエイミー・クッターブがいるという。ケリー・フローのコミックのプレゼンは良かったが、ショーン・クリステンセンのむしろ「ショー」というべきであろうプレゼンに比べると影が薄くなってしまった。

ジンスターズ・トーキング

プレゼンテーションの中で、ショーンは「クラス」になりきって朗読をし、もう1人の「クラス」をラケール・ディッシュナーが読んだ。サウンド効果は地元のエレクトロニック・ミュージシャン「Gejius」によるもの。

それは朗読会のようなプレゼンで、ショーンとラケールは作品中に登場するキャラクターと同じパーカを着ていた。彼らがキャラクターになりきって読んだので、シナリオに命が吹き込まれていた。

ジンスターズ・トーキング

このコミックの前提を少し説明すると「クラス」とは永遠的で中性的なキャラクターであるが、永遠的な生きものというよりはティーンエイジャーのようだ。彼らは愉快な冒険家であり、熱狂的で偏執的、そして完璧に共感できるのである。私が個人的に思い描いている「クラス」とは天使である。

ジンスターズ・トーキング

ややアニメ調で軽快な曲は全体の感じに本当によくマッチしていて、アメリカの子供向けテレビ番組「ピーウィーのプレイハウス」を思い起こさせた。

ショーンはこのコミックは自分たちにとって「クラス」シリーズの第一部であって、これで完結にはならないように思えた。私にできることは次号でまた、このキュートなピンクのスーツを着たキャラクターがもっとおもしろいことをしてくれるように期待することだけ!「グリッド・トレック!」そのコミックを読めば何のことかわかるだろう。

Zinesters Talking
日時:2008年8月30日
会場:Multnomah County Library
http://www.multcolib.org/events/zinesters.html

Text and photos: delilah.loves.you
Translation: Haruka Kibata

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE