グッゲンハイム・アブダビ

PLACE

建築の不可能を可能にする グッゲンハイム・アブダビ

グッゲンハイム・アブダビ

アブダビ、サディヤット島4大建築プロジェクトの指揮を取る、アブダビ観光庁(ADTA)のディレクター、ムバラク・アルムハイリは『この100年間の歴史で最も素晴らしい、世界の建築家を集結させた。』と意気揚々に語る。その4大建築の一つ一つが未来の世界的名所として、2012年完成予定を前に既に世界中で注目を集めている。

その4大建築には、スペインのグッゲンハイム・ビルバオでその名を世界に知らしめたカナダ出身の建築家、フランク・O・ゲーリーの次なる挑戦、グッゲンハイム・アブダビがある。そのサイズは、ビルバオを超え世界一となる。


ゲーリーは、プロジェクトを引き受けた当初から『そのデザインは“今まで見たことの無いもの”でなくてはならない。』とはっきり決めていた。と言うのも、アブダビはこれまでゲーリー建築の舞台となった都市とは全く条件が異なる、言わば彼にとって未開拓の地だからだ。夏は50℃近くまで気温が上がり、文化はイスラム文化、砂漠とペルシャ湾が街を囲み、オイルマネーで潤う財政。これらの条件をもとに、ゲーリーはその“今まで見たことの無い”デザインを、グッゲンハイム財団のディレクター、トム・クレンズと徹底的に話し合い、追及した。その結果、考え出されたデザインがこのグッゲンハイム・アブダビだ。

グッゲンハイム・アブダビ

もちろん、このアブダビの様な場所で近代美術館を設計するなどという計画は、もともとあったわけではない。『そのアブダビという土地が持つ特色、利点、要求に見合った、そして世界中から来場者を集めるべく美術館デザインを考えた。また豊富な資金の助けにもより、今まで全く構想にも至らなかったデザインへの道が開かれたと言える。』つまり、『アブダビを舞台に美術館を設計する事で、今までアメリカやヨーロッパで不可能だった建築デザインが可能になった。』と、アブダビでの新しい挑戦とその魅力をゲーリーは熱く語る。

クレンズがある日アーティスト達のスタジオを訪れた時、グッゲンハイム・アブダビへのインスピレーションを得たという。彼らのスタジオは、私達が普通美術館で鑑賞できるアートのスケールを遥かに超えたものを軽々創作できる広々としたものだった。そんなスタジオの柔軟性をグッゲンハイムにも取り込んだのだ。

このグッゲンハイム・アブダビのコレクションとなるのは、西洋のアートだけではなく、世界の現代アートだ。『投資額はプロジェクトを進める上での障害にはならない。』とシェイク・モハメド・ビン・ザイードUAE皇太子は、世界中からの選りすぐりのコレクションを集めるためには投資は惜しまないという強い意気込みを示している。

さて、その展示コレクションとは、第二次大戦後の近代・現代美術。同時代は、カンバス絵画から、アートパフォーマンス、ビデオ、アースアートなどへのアートの形が多様に変化しているのが特徴だ。これらのあらゆる形で表現されるアート、また、テーマ別の展示企画や、建築オブジェもありとあらゆる展示形式ができるよう、展示スペースは非常に柔軟に設計されている。「美術館は孤立した施設」という概念を捨て、この新モデル美術館は、「現代カルチャーの日々の変化に常に対応できるもの」として、ゲーリーはデザインしたからだ。

壁面など完全に仕上げない自然にこだわるデザイン。そして、この美術館の中心となる部分は、中庭となり、そこには彫刻などが展示される。その周りには、天井の高さや広さも様々なギャラリーが積み重ねられ、全4階に構成される。様々な大きさのギャラリーも、またデザインの進化に柔軟に対応することができるためにと、ゲーリーは設計している。その中心部を取り囲む部分はよりオープンなスペース。一番外側となる部分はさらに広いギャラリーとなる。また、この美術館へは、メインエントランスの他、船での入館ができ、また通路を通り外に出ると砂漠が目の前に広がるように設計されている。

グッゲンハイム・アブダビ

グッゲンハイム・アブダビのデザインは、独特の外観だけではない。その不思議なデザインには、環境との調和が綿密に計算されているのだ。

円錐型の屋根無しデザインは、その中庭の空間から熱い空気を逃がす古くから伝わる仕組み。このアイデアがグッゲンハイム・アブダビを円錐を基本としたデザインに作り上げている。
そして、斜めの煙突がいくつもそびえ立っている様なそのデザインは、この地域に昔から伝わるウィンドタワー(風の塔=アラビア語でバージール)の原理を利用した自然のクーラーシステムになっている。

アブダビの灼熱気候対策には他にもいろいろな工夫がなされている。中庭には、「ウォーター・ウォール」というその名の通り水の壁があり、そのスペースの大気を冷やす。その他にも、夜間換気システムによる熱気の調節、下降気流を利用した大気冷却システム、床下に水を使用した放射冷却システム、室内温度によって調節される換気システム、そして日中には蒸発冷却システムの利用が可能。

また、省エネ対策としては、自然光の有効活用と複雑照明の両用、断熱性に優れ太陽の熱を吸収できる素材の外壁を使用し、日陰となる部分の壁には通気口を開け、館内の熱を外に逃がす自然風による換気システムが設計されている。

そして、自然エネルギーの利用は、風塔に風力タービン、屋根と壁部分に太陽光発電、廃棄物焼却熱利用、ガスを組み込んだ吸収冷却システム、太陽熱を利用した乾燥除湿システムなどの全てが設計に組み込まれている。

その他にも、トイレ、掃除機などに水節約装置、施設内に造水、排水処理、半塩水システム、下水処理、廃棄物分別 システムが設計されている他、建材は耐久性の強いこの地域の物を使用する。

地球環境保護が強く問われる今、ゲーリーのこのデザインは自然との共存が可能な未来型美術館の完成型と言えるだろう。

グッゲンハイム建設予定地は、美しい海岸沿いに照りつける太陽、そして砂漠を背景に持つ。『海の美しい青と砂漠、空、太陽の色で演出したい。』とAPのインタビューにゲーリーは語る。ただグッゲンハイムを西洋の文化としてただ輸入しこの地に置くのではなく、この中東の新アートシティーにグッゲンハイムの存在が意味を成すものにしたい、とアブダビの地域性との調和を大切にするゲーリーのコンセプトだ。

『今までの美術館では展示不可能だったアートを展示したい。』その思いから、出来上がった新デザインをゲーリーは次のようにも表現する、『建築を展示できる建築、それがグッゲンハイム・アブダビだ。』

Guggenheim Abu Dhabi
住所:Saadiyat Island, Abu Dhabi, UAE(2012年完成予定)
http://www.guggenheim.org

Text: Mamiko Kawakami
Photo: Lorenzo the Freshguy

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE