88 AND FLAVORED LAYERS “X”

HAPPENING

124ximage002.jpg

「X」というシンボルは様々な人によって様々な意味に解釈される。アルファベットの一文字、目的地、クロスロード、解答など。2007年2月24日、「88」と「Flavored Layers」は、ミュージック、デザイン、ダンス、アート、ファッションなど豊かなクリエイティビティを通して、このシンボルの意味を称える一大イベントを開催した。


124ximage004.jpg

様々な解釈を持ち込むことで、Xの背景にある精神や意志がワシントンDCのクリエイティブコミュニティを照らし出し、それらは21世紀LIVE-ARTスタイルのイベントにまとめられた。

124ximage005.jpg

開催地はコンベンションセンターを下り、9thストリートにある新しい「BeBar」で、会場はリラックスした高級な雰囲気に包まれる。ライブPAパフォーマンスではSHENによる落ち着いたビートや、地元DCの人気者Aligning Mindsのサウンドを楽しんだ。音と共に魅惑するのは、ベリーダンサーMaviのゴシック回転。VJMetaphreaqの映像とコラボレートし、全ての客が酔いしれた。

124ximage008.jpg

この夜のハイライトはデザインコンペティション。Asha Ozbey、Heather Schmaedeke、Omar Capersの3人のデザイナーが参加した。彼らは「X」のポスター制作のために4時間与えられ、企画者から選ばれた3つの言葉を使う。3つの言葉は彼らのデザインからインスピレーションを受けたもので、「Energy」「Exuberance」「Intensity」であった。

124ximage010.jpg

それぞれのデザイナーのラップトップ画面は、クラブのプロジェクターと、液晶プラズマのスクリーンに投影され、彼らの個性的な制作過程が披露された。イベントの最後に、最も創造的なデザインとして、聴衆からHeather Schmaedekeの作品が選ばれた。この選ばれたデザインは、次のプロモーションポスター、フライヤー、ウェブサイトにて使用される。さらに全ての選ばれたデザインは、Xムーブメントのサポーター達の要求に応じて出版される、ハイエンドな卓上本の一部にもなる。

124ximage012.jpg

ラスベガスのビリヤードに参加していたことで記憶に新しい「De*Nada Design」が最新のTシャツとハンドバッグの春シーズン用コレクションを披露する。De*Nadaの登場は強烈で、この夜を思い出すものを持ち替えることができるハッピーを提供した。私が持ち帰ったのは、新しいワードローブと空の財布。

Xが1回限りのイベントと思っているだろうか?私があらかじめ参加していた人から調べたところによると、88とFlavored Layersは、これを定期イベントとすることを望んでいる。クリエイティビティへの注目や、コミュニティを結成するイベントが欠けているDCにとって、Xは確実にその解答である。88のモットーでは、彼らは全ての地元DCアーティスト、デザイナー、ミュージシャンを前に出すことを計画しているというが、今のところ素晴らしいスタートを見せている。

今後のイベント情報はこちらで。

88 AND FLAVORED LAYERS “X”
日時:2007年2月24日
会場:BeBar
住所:1318 9th St. NW, Washington, DC, USA

Text: Erin Holloway
Photos: Henrik Sundqvist and David Fogel
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE