トマム アイスビレッジ

PLACE

寒さの厳しい冬の北海道の中でも、常に最低気温ランキング上位に位置する占冠村。占冠村トマム地区に「アルファリゾート・トマム」はある。マイナス20℃を越える程、猛烈に冷え込む日も少なくない。寒さ故の極上の雪質を誇り、全国はもとより世界中からスキーやスノーボード客が集まる人気スポット。ゲレンデのみならず誰もが楽しめる様々なアクティビティ施設があり、あらゆる冬の遊びを網羅できるメガリゾートだ。山岳にそびえ立つ超高層ツインタワーは、あまりにも有名だろうか。


しかし、ここにトマムの寒さでしか成し得ない、研究者と職人の技がつまった幻想的な空間が潜んでいることは、過去あまり知られてこなかった。 実は9年前から展開されていたのだが、今シーズンからより大きく見どころとして取り上げられるようになったというこの空間、氷のドームが立ち並ぶ「アイスビレッジ」に足を運んだ。それも二十四節気で最も寒い「大寒」の日のこと。最も寒い日に最も寒いビレッジへ!


© Tomamu

日もすっかり落ち、冷え込みが一層厳しくなる夕方5時、「アイスビレッジ」はイルミネーションの煌めきに包まれてオープンする。オープン時間を目指して札幌よりJRに揺られることほんの1時間半弱。トマムとは意外にも身近でアクセスしやすい場所にあった。JRトマム駅を降りると、すでにリゾートは目の前に広がり、列車時刻に合わせた無料送迎バスに招かれる。つまり目的のエリア内には、待つことも迷うこともなく、とてもスムーズに足を踏み入れることができるのだ。

この季節、雪氷のアートが群がるフェスティバルが北海道中に数ある中で、このトマムの「アイスビレッジ」にしかない最大の特徴とは一体何か。それはこの小さなビレッジに点在する、大きな氷のドームの独特な建築技法にある。北海道東海大学の教授である粉川牧氏が研究開発した、この厳しい寒さを利用した技法によって、安全で素早く自在な雪氷大型ドームの建築が可能となった。そしてその可能条件を最適に満たした日本唯一とも言えよう土地が、この冷え込みが厳しく日中でもなかなかマイナスの気温を脱しない冬のトマムなのである。

ビニールシートとロープを使って作る巨大風船に、雪と水を吹き付け、氷の壁を成長させるというのが、その独特の技法だ。この方法を利用することで、設営時マイナス10℃を下回る好条件になると、直径15mのドームで2、3日ほどでできあがる。雪山をくり抜いたり、氷のブロックを積み上げる労力とは比べ物にならない。形も目的に応じて自在である。最大では直径30mの大型ドームの制作を過去に成功させているとのことだ。しかも、氷のドームは、かまくらやイグルーと違い、透過性が高いので柔らかな光を帯びた幻想的な空間を出現させることができる。
また、最も重要である“安全性”という面においても、トマムの制作スタッフが発揮する氷育ての勘と技によって、絶対的な強度が保たれていた。気温や吹き付ける雪の条件に慎重に気を使い、0.6という密度を基準に約15cmの厚さに育て上げた壁を保つ、とスタッフが教えてくれる。ドーム表面は昼間の日光を遮るために、適度な雪の膜で覆われていた。どうやら氷は厳しい中に生きる、想像以上にデリケートな“生き物”だった。

入口にある大きな雪像門をくぐり、巨大な氷の彫刻看板にいきなり目を奪われた後、白樺の木々をぬって小道を進む。幻想的な異空間へと導くのは、足下を照らす小さな氷のライティング。すると、さらなる光を帯びた透過性の高い氷のドーム群が現れる。

「インフォメーションドーム」という最初のドームに入ると、その明るさと暖かさに驚いた。もちろん風が遮られたというだけなのだが、思わず暖房が隠れていないか探してしまうほど。中央には、訪れた人々が制作した氷のグラスが並べられていた。
この「インフォメーションドーム」を初めとして、「アイスビレッジ」には様々な目的に応じた氷のドームや作品、空間がある。

氷のグラスは、「氷のグラス工房」ドーム内で作ることができた。ここには氷の作業場があり、黙々と氷のブロックをノミで削る人々の姿がある。これがなかなか難しいらしい。見事な販売用のグラスを作るスタッフも、ワイングラスの柄の部分のような高度な技に挑む時には苦戦していた。「アイスビレッジ」を出ると姿を消してしまうグラスであるため、多くの人が先程の「インフォメーションドーム」の展示に自分のグラスを加えて帰るのだが、そのままの状態で全国どこにでも郵送することも可能とのこと。オリジナルの氷ジョッキで夏にビールを飲むのを楽しみに保存して待つ、なんていう人も。

自分だけのオリジナル氷グラスを作るここでの目的は、隣のドーム「アイスカフェ」にあった。逆にいうと、このカフェで出されるカクテルは、氷グラスを持ち込まなければ楽しむことができない。「氷のグラス工房」から自分の氷グラス(もしくは購入した氷グラス)を大事そうに抱えた人々がそのまま「アイスカフェ」に流れ込み、バーに並べられたリキュールを選んでバーテンスタッフに注いでもらう。もちろんテーブルや椅子はここでも氷。注がれた色とりどりのカクテルがクリアな空間に映える。同じカクテルでも、グラスによったオリジナルな味がするに違いない。

外は雪が降っていた。「氷の滑り台」が付いた「氷の展望台」に登ると、「氷のグラス工房」や「アイスカフェ」が雪面にまあるく浮かびあがる隠れ家のように、こぼれる光が一層楽し気に暖かく見える。

外には北海道出身のアーティスト(溶接オブジェを得意とする自称「鉄のゲージツ家」)「クマさん」こと篠原勝之氏の作品「真冬の鯉のぼり」がある。春の風をじっと待つかのごとく佇む鯉のぼりに、やがて溶けて空へと舞い戻る氷が見えた時、賑やかな四季と大きな自然の循環を想った。

「クマさん」の作品がある中央スペースの奥に見える、ポッカリと空いた丸い穴に誘われるように進むと、それは「氷のトンネル」である。人が2人、手を繋いで進めるくらいのギリギリの高さと幅で、氷の壁の内側は虹色の光を帯びていた。大事な人と通りたい小さなロマンチックトンネル。


© Tomamu

「氷のトンネル」を抜けると、突然眼下に広がるのはアイスキャンドル煌めく「光の海」だった。「アイスビレッジ」に今年から加わった新しい空間である。広場の中央を通る緩やかな階段の先には、アイスポールに囲まれたブルーの神秘的なドーム「氷の教会」が荘厳とたたずんでいる。
「アイスビレッジ」中央部からは隠れた低い場所に位置にするため、トンネルを抜けた後のサプライズ感は一層大きい。「光の海」を進み「氷の教会」にゆっくりと近づいていく目の前にいた2人は、映画のワンシーンの中にいた。


© Tomamu

「アルファリゾート・トマム」には、世界的な建築家、安藤忠雄氏が創り上げた「水の教会」があり、雄大な自然と融合する斬新で美しい空間で結婚式が一年中行われているが、冬期限定で「アイスビレッジ」に出現するのがこの「氷の教会」だ。実際にここで式もあげることができる。「サムシングブルー」という伝説(結婚式に青いものを身につける花嫁は幸せになれるというというもの)が、まるでそのまま形になって見えるかのように、ドーム内は氷の青に包まれ、煌めいていた。

それだけでは終わらない。グリーンライトが埋め込まれた氷の壁が施されているドーム「氷の迷路」では、空間が歪むほどのキラキラな眩しさに迷わされる。細部まで氷で表現された「アイスホテル」にはバスタブまで設置されており、実際にここで眠ることを想像して楽しめた。また、美しくてクリアな幻想世界に夢中で浸るうちに、すっかりと冷えた体をあたためる「ホットステーション」もあり、「アイスビレッジ」を取り囲むように張り巡らされたコースでは「犬ぞりナイトクルージング」にも挑戦することができる。

氷の特徴が様々な形で活かされた幻想空間「アイスビレッジ」は、厳しい寒さを楽しく美しく暖かくする、知恵と情熱と自然のコラボレーション。吹き付ける雪の中、オープン中もなお作業をすすめるスタッフの笑顔が印象的だった。この後も春の風がふくまでの間、キラキラに世界を楽しむことができる。
あなたならこの寒空の下のクリアなドームにどんな空間を描くだろうか。自然環境を自然のままに利用する、ますます新しいアイディアに対する期待を感じながら、この透き通った「アイスビレッジ」がトマムに存在できないほど環境が崩れてしまうことのない未来を、切に願う瞬間でもあった。

アルファリゾート・トマム「アイスビレッジ」
期間:12月23日〜3月下旬予定
時間:17:00〜22:00
入国料:大人500円 子供300円
会場:アルファリゾート・トマム
住所:北海道勇払郡占冠村字中トマム
http://www.snowtomamu.jp

Text and Photos: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE