ジャズトロニック

PEOPLE


一ヶ月に渡る海外ツアー中の「JAZZTORONIK」こと野崎良太氏が、ロンドンを訪れるという事で、「JAZZ CAFE」のバックステージにお邪魔し、お話を伺った。

モンド・グロッソ、葉加瀬太郎、ゴスペラーズ等のプロデュースや、bird、m-flo、モダージ、福富幸宏、中島美嘉の作品ではリミックスを手掛け国内で活躍するかたわら、イギリスのレーベル「Counterpoint」のコンピレーションに参加し、ジャイルス・ピーターソン、パトリック・フォージ、レイナー・トゥルービーなど、ロンドンのオルタナティブダンスシーンのDJからも広く愛されるJAZZTORONIKの音楽に、始めての“踊りながらの取材”をすることとなった。

一ヶ月に渡る、アメリカからイタリア、フランス、北欧に東欧まであらゆるところを巡るハードスケジュールの中、出演を一時間後に控える野崎良太氏に、ロンドンのイメージを聞いてみた。

『昔から好きなんですよ、もう学生の時から。おもちゃみたいな街じゃない。東京よりもちっちゃくて、そんなところにいろんな人種がいるでしょう?だからおもしろくて。音楽的にも、今とてもおもしろいし。この前にNYにも行っていて、いろんな人がいることには変わりないけど、やっぱりロンドンとは違う。ロンドンはもっとエネルギーがあふれているような感じがする。ロンドンをはじめ、ヨーロッパではまだスタートしたばかりで新人だけど、いいものをやるとそれが伝わる。名前に動かされるというより、何をしたかによって、それなりの反応が帰ってくるし、なにより、みんなが自由気ままに楽しんでいるよね。なんていうか、音楽が生活に根付いている感じがして好きかな。それは日本とは違うところかな。』

ロンドンだけでも、アーティストの集うブリックレーン、それよりすこしソフィスティケイトされたエンジェル、ジャズ箱の老舗、カムデンのジャズカフェと、それぞれまったく違うテイストのオーディエンスを相手にしながらも、それぞれの反応に満足し、楽しんでいる印象を受けた。『その瞬間、今日の客はこういうかんじだって、すぐ読み取れるようになってるんだよね。ずうっとこれをやってるから!!』

「マツリ」というブリックレーンで行われるアートイベントがある。このイベントは、ロンドンで活動している様々な分野の日本人アーティストたちに、もっと表現の場を与えよう、と若干25才のジャパニーズボーイズ3名から結成された。現在では日本人だけでなく世界中からのアーティストとのコラボレーションを通じて、それぞれに刺激しあっている。さて、11月26日に行われた「マツリ」にJAZZTRONIK はスペシャルゲストとして登場した。

『まず、日本人がたくさんいることに驚いた。もちろん積極的な姿勢というか、表現しようといういいエネルギーを感じたし、若くていいなと思う。でももっとロンドンにいながら、日本人独自の物がもたくさんでてくればいいなと思ったかな。日本にすごく多いけど、外国人のまねをすること。黒人になりたい、黒人のように歌いたい、それは黒人じゃないから無理。そこで日本人らしいものと融合できてそういうアーティストがたくさんでてきたらいいよね。』

JAZZTRONIKは、固定のメンバーを持たずにその都度、様々なアーティストとコラボレイトし、作り上げてゆくという形態をとっている。Encode=ニューアルバムでは、和太鼓の「鼓動」とのコラボレイトが、すでにヨーロッパで人気を博している。

『やっぱり5人組のバントとかだったら、5人からより多くの情報が得られるでしょう。でも俺ははその5人だけじゃ我慢ができない。もっとたくさんの人と知り合いたい。バンドはバンドでやりたいなと思うんだけど、JAZZTORONIKはいろんな人とセッションしていきたいということでそもそも始めたから。』

JAZZTORONIKの音楽が、イギリスを始め、ヨーロッパで注目されている理由について聞いてみると、首をかしげてよくわからない、と答えた。

『でも、音楽はそうでないとと思う。国境を越えるべき、というか。もちろん100万枚売れるポップスも必要だけど、みんながそれを目指したら音楽的な進化はまるででないし、芸術的はうまれないし。だからもっと海外に出て行く人が増えるといいよね。日本人が出て行くというのはすごく難しいことだと思うけど。』

そういいながら、軽々と国境を越えて、今後スウェーデン、イタリアを回るJAZZTRONIKを、まだまだ踊り足りないタフなロンドナー達は、しばらくの間、恋しく思うことだろう。


JAZZTRONIK

日時:2005年11月28日
会場:JAZZ cafe
住所:5 parkway, comden town, NW1 7PG
www.jazztronik.com

Text and Photos: Sayaka Hirakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE