ホテル・フォックス

PLACE

デザイナーズホテル「ホテル・フォックス」が4月2日、デンマークの首都、コペンハーゲンにオープンした。若い世代をターゲットとした「フォルクスワーゲンFOX」の発売キャンペーンで、21人のアーティストが61個の部屋をリデザインしたこのホテルの他、21日間にわたって、昼はプレス関係者に「FOX」のお披露目、夜はライブ会場となる「クラブ・フォックス」、FOXを使ってアーティストたちがアートカーを作る様子を公開する「スタジオ・フォックス」の3つの会場で行われている。


北緯55度に位置するコペンハーゲンは4月になったばかりだというのに、なかなか日が暮れない。キャンペーンのためにレンガ造りの倉庫を改造したクラブ・フォックスの前に置かれた黄色いFOXが夕闇にまぎれ、ライトアップが始まった午後8時頃、ホテルフォックスのレセプションパーティーが、クラブ・フォックスに併設されたレストランで行われた。

照明を落とした会場には、DJの作り出す音楽が流れ、参加したアーティストの映像作品が壁一面に映し出されていた。その中で、このプロジェクトに関係したたくさんの人々が、ソファーでくつろぎ、このプロジェクトの開始を祝っていた。とはいえ、ホテル・フォックスに参加したアーティストたちは3、4週間に渡った作業を終え、スタッフとともに達成感に溢れ、さながら打ち上げパーティーのような興奮状態でもあった。

会場の3ケ所にクッキングテーブルが置かれ、スタッフが場所を替えながら、料理を作っていく。おそろいの黒い衣装をまとい、メイクをしたスタッフたちが人々の間を縫うようにして、ガラスの板や試験管の中にさしたアーティスティックな料理を運ぶ中、皆、リラックスした雰囲気で会話を楽しんでいた。

スペインはバルセロナを拠点とし、グラフィティなどストリートでの活動からアニメーション、服のデザイン、ショップのウィンドー、レストラン、雑誌、本のデザインと活躍する陽気な二人組、フリークラブの2人、ザビとエリサは、「人々がリラックスするための場所をデザインするということは、大きな責任がある」と言う。 ホテル・フォックスの部屋について「キャラクターが眠りに落ち、夢がやってきて、部屋全体を満たす瞬間を説明するようなストーリーを作りたかった。宿泊者がスィートな夢を見れますように。」と語った。

ホテル・フォックスはレンガ色の多い街並の中で、真っ白な壁面に各部屋の窓についたカラフルなひさしで、浮き上がるように建っている。中に入ると、吹き抜けのガラスから差し込む陽に、明るく照らされた壁一面のパンダロサの作品が目に飛び込んできた。その大きさなのに圧迫感の無い、どこかを漂っているような作品だ。目を離したすきに、形が変わってしまいそうな浮遊感があり、ホテルのロビーという、到着地点でもあり出発地点でもある場所にしっくりとはまっていた。

2004年の11月からヨーロッパツアーを行っているパンダロサ。旅する先で出会う食べ物、歴史、人々、気候や湧き出る感情から得るインスピレーションをホテルという場所に反映し、素敵な空間を作り出していた。

廊下にはアーティストがデザインしたカーペットが敷かれ、階段の踊り場の壁面も作品で埋められている。廊下に面したドアもその部屋をデザインしたアーティストが担当し、宿泊する部屋以外の作品も垣間見ることができる。まるで、ホテルという一つの大きな展示会場に61個もの小さな会場があるような感じで、ドアを眺めながら歩き回っているだけでも、うきうきとしてくる。

アーティストの中には3、4週間かけて、壁に直接ドローイングをしたり、ペイントしたりと、いろいろな思いが込められている。通常のホテルでは考えられないアイディアの宝庫でもある。部屋の中にいるのに、天気の良い日の庭にいるような気分になる部屋や、天井からキャラクターがゴムで吊るされた遊び心たっぷりのもの。白を基調としたクールな部屋など。

その中の一つ、デザイン集団リンゼンのリラが手掛けた部屋には、ベッドではなく、テントが置かれていた。壁にはたくさんの動物が住む森をイメージしたペイントがしてあり、宿泊者はキャンプに行った時のように、テントを閉め、中に吊るされたランプを消して眠るようになっている。「4週間、服から何までペンキだらけになって、気が狂いそうだった。」とリラは言う。「でも、全てを終え、今はとてもハッピー。この部屋で自分が眠りたいぐらい。」テントのアイディアは後から湧いてきたものだと言う。「長い時間をかけて部屋を作り上げていく中で、同じ様に制作している他のアーティストたちとの交流を通して、お互いにインスピレーションを与えあえたと思っているの。」カーテンとベッドカバーは、彼女のお母さんの手縫いだそうだ。「お母さんは、私の手伝いをするのが好きなの。」と、いたずらっぽく笑うリラ。何とも温かい雰囲気で、優しい気持ちになる部屋だ。リンゼンのスティーブとリラは、このプロジェクト終了後、オーストラリアからベルリンに活動の拠点を変える予定だ。

遊び心があって、ロマンティック。雰囲気のあるイラストレーションを手掛けるロンドンの二人組のデザインチーム、コンテナーの部屋のテーマは「ロイヤル」。スペード、ダイヤモンド、クラブ、ハートとトランプの4つのマークをベースにそれぞれの部屋をデザインしていた。「人々がホテルに滞在するときのスペシャルな感情を強調すること」と言う彼女らの部屋は、床に敷かれたファーのマットも寝具や家具も、壁に描かれた王様の絵やトラの絵も、女の子なら誰でも一度は憧れた、物語りに出てくる部屋のようなゴージャスかつキュートなものになっている。コンセプトにおよそ2ヵ月、制作に3週間を費やしたコンテイナーのルイスは、「このプロジェクトに参加できて、とてもラッキーだと思う」と言う。「たくさんの友達ができたし、とても幸せ。でも少し寂しいかな。一つのホテルを皆でつくりあげていく内に、仲間になっていったのに、オープンとともに、帰る人は帰り、知らない人はたくさん入って来るし」。次のプロジェクトは?と言う質問に「ホリデー!」と元気よく答えてくれたルイス。ミュージックビデオの制作が控えていたりと、活躍中だ。

プロジェクト・フォックスのもう一つの会場、スタジオ・フォックスはホテル・フォックスから歩いて20分、立ち並ぶ倉庫群の一つだ。建物の外には、すでにWKインタラクトによって制作されたFOXのアートカーが展示され、入って右の壁にはスペトのスプレーによるドローイングが迫力一杯に広がっていた。

ちょうど、マイアミを拠点とするフレンズウィズユーのサムとトゥリーが、FOXをデコレートしているところだった。名前の通りとてもフレンドリーな彼らの、木の枠組みをつけ、ファーをかぶせ、中をピンクに塗ったアートカーは、もはや車の原形はなく、これはいいのか?と思いつつも、自然と笑顔になるものだった。完成までいることができなかったこと、この場で紹介できないのが残念だ。

クラブ・フォックスと同様に、キャンペーン期間中21日間にわたって公開されるスタジオ・フォックス。他に、アートカーを制作するのは、コンテナーボリス・ホペックマッサフリークラブ、アキム・ザス・バスがいる。
また、会場内にはアーティストグッズを販売するショップや、ホテル・フォックスの紹介、アーティストのインタビューなどをまじえたビデオ、制作風景の写真などが展示されている。

ホテルFOXは今のところ、5年間の営業が予定されている。機会をつくってでも行っておきたい場所だ。また、世界中で、アーティストも訪れる人も楽しめるこのような企画が立ち上がれば良いと思う。

ホテル・フォックス参加アーチスト:アキム・ザス・バス、ビルジット・アマドリアントニ+マニュエルコンテナーE-タイプフリークラブフレンズウィズユージェネビエーブ・ゴクレールベンジャミン・ガデル、キム・ハイロイ、ボリス・ホペックホート新矢千里マッサニースデン・コントロール・センターパンダロサリンゼンスペトトキドキバイアグラフィックWKインタラクト

Hotel FOX
住所:Jarmers Plads 3, DK-1551 Copenhagen, Denmark
http://www.project-fox.org

Text and Photos: Ayako Yamamoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE