NIKE 公式オンラインストア

セミ・パーマネント 2004

HAPPENINGText: Kentaro Yamada

主にシドニーをベースに活動をしているデザイングループ、デザイン・イズ・キンキーによって開かれているデザインカンファレンス、セミ・パーマネントがオークランドにやってきた。

今回はアメリカからアニメーターとして活躍しているMK12、地元オークランドからデザイナ−2人組ユニット、ザ・ワイルドネス、ウェリントンでのポストプロダクション会社・オクトーバー、世界的に有名なアートディレクター、ヴィンス・フロスト、ロンドンからはテレビコマーシャルなどのアイディア提供を行っている、ザ・ミル、そしてシドニーのファッションマガジン、ブラック&ホワイトという豪華なメンバーが揃った。


本やソフトも展示販売されていた

アメリカのカンザスシティーをベースにモーショングラッフィクスを制作しているMK12。MTV等のモーショングラフィックスを制作しているだけあり技術的なものは非常に高レベルだ。しかし驚くことにエディティングシステムはデスクトップパソコンしか使わないということだった。10年以上前にデスクトップパソコンがDTP業界で使われるようになったときのように映像の世界でもパソコンで高度なアニメーションが作れるようになったことの影響が大きいと言っていた。彼らは美大のころからの仲間たちで始めた家族的な会社だそうだ。アメリカンポップの影響を受けたカラフルな映像が印象的だった。

地元オークランドから参加した2人ユニットで活躍をしているデザイングループ、ザ・ワイルドネス。1997年頃から地元でのクラブイベントのフライヤーなどを一緒に作っていたらしいのだが、今ではニュージーランドのミュージーシャンのCD、ミュージックビデオからヨーロッパの会社まで幅広いクラアントを持つようになった。彼らのタイポグラフィーのセンスには光るものがあり、タイプフェイスの制作なども手がけている。また仕事以外の部分でも積極的にアーティスティックな作品を発表し続けている。

ニュージーランドの首都ウェリントンからは、ポストプロダクション/インタラクティブデザインの会社・オクトーバーが、彼らの最近のプロジェクトを披露してくれた。ロードオブザリングの制作に携わった会社だけあって彼らの作るコマーシャル等は世界でも有名だ。ニュージーランドのブロードキャストデザインのリーダー的存在と言っていいだろう。インタラクティブ部門では、CD-ROM等を披露してくれたが、彼らのドキュメンテーションの細かさには驚かされた。ビデオや写真で制作行程を記録しており私たちにもどのようにして作られていくのかがよくわかった。

オーストラリアのファッション・セレブマガジンの一つ、ブラック&ホワイト。この雑誌の特徴の一つには、ヌードモデルを多く使ったセクシーな一面があげられる。毎回表紙のデザインから内部のタイポグラフィーまで一新すると言うデザイン、非常にレベルの高いものだった。

ロンドンから参加したテレビコマーシャルなどのプロデュース会社、ザ・ミル。ここでは撮影、ポストプロダクションなどの作業は一切行わないそうでアイディアを出すこととプロジェクトの管理をメインに行っている。プレーステーションや、ナイキなどのCMは、映画のように大きな予算を費やすこともあるそうなのだが、アイディアがやはり一番重要だと言っていた。90年代に制作されたというCMなどは技術の進歩した今見てもアイディアで勝っている。ブラジルで撮影したと言うプレーステーションのCM、何万人というひとが山になって頂上を目指している映像は多いに目を見張った。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
カラードットインク
MoMA STORE