SMART

PLACE


エルステ・コンスタンティン・ヒューゲンストラート(以前のジャン・スワマーダム・インスティテュート−JSI) の状況は、外部から見ると少々活気に欠ける様に見えるが、その内部は、様々な活動の巣のようになっている。ここは、スマートプロジェクトスペース(アムステルダムコンテンポラリーアート協会)の本拠地である。

最近、アムステルダムオールドウエスト地方議会による取り壊しが決定してしまい、悲しいことに、 JSIもあと2、3ヶ月でなくなってしまう。これは、ユニークな現代建築作品が無くなってしまうというだけでなく、他の場所にスマートの本拠地が移るという大きな変化を意味している。

私達は、この悲劇的な状況の間、スマートと共に協会の永久的オンラインシステムの製作を行っていたディレクターのトーマス・ペウツとブラム・オプダムに会うため、スマートを訪れた。

では、アムステルダムにとって JSIが無くなることは、どのような意味を持つのか。トーマスは、こう語る。「僕達はこの建物を、アムステルダムがとても必要としていたコンテンポラリーアートと視覚文化の中心地に発展させるという計画をしていた。しかし、地方議会はそれを破り捨てるという決断をした。彼らには達成しなければならない住居供給の割り当てがあり、僕達はそれで競うことができなかった。いま文化は、彼らの優先順位のとても下の方にあるのだ。アムステルダムで住居を探すのは非常に難しくなっている。しかしその裏で、アーティストがスタジオや作業スペースを見つけるのはその結果さらに難しい。スマートプロジェクトスペースは常に、このアンバランスを是正する事を志していた、そしてこの建物は完璧だった。僕達はアーティストのためのスタジオスペースとしてその多くを貸し出す事が出来たからだ。僕達は、仕事のあるコンテンポラリーアーティストには焦点を当てて、彼らのためには作業場やサポートネットワークを世話してきた。」

最近この建物には世界中—ロシア人、アイルランド人、イギリス人、イスラエル人、スペイン人、スイス人、日本人、アメリカ人—から来た60人のアーティストがいる。この環境は非常にインターナショナルで、ここで働く事はたいへん利益があって刺激的である。キュレーターや美術館ディレクター、もちろん大衆をも惹きつけるような、徹底した展覧会プログラムを持っている。アートのプロ達にとって、この都市を訪問する事は避けられなくなってきている。スマートはアーティストに沢山の仕事を与えている—その仕事の大半は、インスタレーション作品の技術的サポートで、僕達の展示している作品のほぼ三分の一はこうして造られたものだ。

JSI は、1994年にスマートの設立が始まってから三番目に出来たスペースである。そして、トーマスに来たる動きについて話した、このイライラがわかるだろうか、「僕達は拠点とする場所を失って二回ほど落ち込んだよ、けれどこの教訓によって、三度目は避けられるよね。」これがスマートプロジェクトスペースの動画配信サーバー開発のきっかけとなった。それはビデオアートとアートシネマの為のウェブキャストチャンネルとして開発された。プログラムと展示物を替えながら配信する。拠点とする場所が確保できるまで、スマートLsの映像とオンラインを保つために手を尽くす。

「これは本当に大きな成長だったよ。今回僕達は、芸術社会と一般社会両方と関係を留めるためには、より強い基盤が必要だという事を知ったよ。インターネットはまだ規制が少なく、無政府主義的な感じがある。インターネットは使用者の好きなように使える。そこが僕達の開発しようとしている重要な部分なのです。僕達のビデオチャンネルで観る事の出来る作品は、驚くべき量の作品記録からだけではなく、特別に管理された作品コレクションからも観ることができる。僕達は本当にオーディエンスのために内容を選びたいし、絶対にただ表面的な事を創り出すだけにはしたくない。その計画は、僕達がサポートしたいアーティストのための場所も提供する。最終的に、これは僕達が作業スペースとして使っていた場所、スマートプロジェクトと、選ばれた作品のコレクション映像となるだろう。僕達は、インターネットという公共の領域を使用し、テクノロジーを促進剤として、映像を基本としたコンテンポラリーアートシーンをもたらしたい。スマート動画配信サーバーがアムステルダムにとって良いものになって欲しい。これが触媒となってアムステルダムにさまざまな分野に強い社会が生まれてほしい。手始めに、約200人のアーティストにサーバースペースを供給することにしている。」

一見、スマートは美しいものと運命付けられた場所のひとつに数えられる程度であるが、長期的にみると、アムステルダムに基礎を置き設立されたことでかえって良い方向に向かいそうである。スマートはすでに新しい拠点を見つけ、形のある“場所”からバーチャル空間へ完全に移動しなくても良さそうだ。今後スマートは、オンライン、オフラインでのコンテンポラリーアートスペースを融合していくと思われる。スマートのこれからが非常に楽しみだ。

SMART
住所:1ste Constantijn Huygenstraat 20, 1054 EW Amsterdam
TEL: +31 (0)20 427 5951
http://www.smartprojectspace.net

Text: Ania Markham from Post Panic
Photos: Courtesy of SMART
Translation: Mizuho Igarashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE