ファッション&テキスタイル・ミュージアム

PLACEText: Sari Uchida

鮮やかな色彩をふんだんに使ったデザインで1970年代のグラム・ロック最盛期に活躍したファッション・デザイナー、ザンドラ・ローズ。戦後のファッションとテキスタイルの目まぐるしい移り変わりを記録・紹介することとあらゆる世代の来場者にデザインについて学んでもらうことを目的に「ファッション&テキスタイル・ミュージアム」を設立、2003年5月上旬にオープンした。

本人はショッキングピンクの髪と唇、まぶたに濃いパープルのシャドウを塗り、入れ墨のようにみえる一本眉。今年63歳、小柄で華奢ではあるが強烈なインパクトだ。屋上のペントハウスに住んでいる彼女は、このミュージアムを実現するため、ノッティング・ヒルの自宅を売り払った。総工費は400万ポンドとも500万ポンドもいわれているこのミュージアム、外観も彼女にまけずカラフルで、周辺のクリーム色や茶色、グレーの町並みの間で際立っている。

屋内面積1500㎡の改装を、ローズはメキシコ人建築家リカルド・レゴレッタに依頼した。内部は黒く太い柱など以前の現金問屋の姿を残すが、玄関口部分のショッキングピンクと上品なコバルトブルーを組み合わせたアーチ状の廊下をはじめ、鮮やかな色使いを得意とするレゴレッタが建物の内外観にその色彩感覚を発揮している。彼が手掛けた建物はこのミュージアムがヨーロッパ初登場である。

こけら落としの企画展は「マイ・フェイバレット・ドレス」。ヴィヴィアン・ウェストウッド、ヴァレンティノのベテランからジョン・ガリアーノ、ソフィア・ココサラキ(『聞いたことあって?変わった名前ね』と二人組の上品なおばさま方が囁き合っていた)まで、総勢70名の有名デザイナーがそれぞれお気に入りの一点を提供している。発想の段階から個人的なエピソードまで交えて紹介し、デザイン行程の見えない部分を引き出せたら、というのが狙い。会場内は照明を落として各ドレスにミニライト3点をあて、床に配置されたデザイナーのコメントを読みながら進むようになっている。

ローズ自身のお気に入りは、1974年作の豆緑色のシフォンとサテンのドレス。オーストラリアのエアーズロックから発想を得ている。日没と夜明けの太陽と、ピンクッションと呼ばれる植物をモチーフにしたシフォンのドレープが広がり、えり周りのキルティングを施したサテン布が全体をまとめている。着る者を選ばないデザインで、色違いのものを故ジャックリーヌ・ケネディも愛用していたという。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE