カーサ・エンセンディーダ

PLACE


マドリッドの今年の冬のカルチャーシーンには、何だかおもしろそうな気配を感じる。と言うのも、ザ・フレンドリー・ソサイエティー・オブ・カーヤ・マドリッドにある新しいソーシャル/カルチャーセンターがオープンするからだ。「カーサ・エンセンディータ」がそのセンターの名称。マドリッド市の中心部にあるこのカーサ・エンセンディータ。1913年に建てられた4階建てのこのビルの延べ面積は6000平方メートル。展示室、リハーサル室、図書館、講堂など、さまざまな施設が入っている。

「ラ・カーサ・エン・ダンザ」と「エクスペリメンタ・クラブ」の2つが、この施設で10月に「エントレ・ライアス」のオープニング以外に行われた大々的なイベント。「ラ・カーサ・エン・ダンザ」は1週間に渡って開催され、コンテンポラリーダンスの舞いでその幕を閉じた。ビルの庭で行われたこの展覧会。スペイン人とラテン・アメリカ人の振り付け師によるアバンギャルドなダンスが披露された。「エクスペリメンタ・クラブ」は、エクスペリメンタルミュージックの国際的なフェスティバルで、10月16日から20日に渡って開催。マウス・オン・マーズやスキャナーを含む、パフォーマー達が参加した。今のところ、プログラムの紹介が、「カーサ・エンセンディータ」にとっては最高のイントロダクションである、とのこと。

11月からは「南から北へ。ラテン・アメリカ、スペイン、ポルトガルの街と環境」という展覧会が、来年1月5日まで開催される予定。今日のラテン・アメリカの女性を捉えた「アニータ・ラキレマ展」も同じく来年1月5日まで催される予定だ。展覧会以外にも、ラテン系グループによる伝統的音楽と最新の音楽をミックスさせたコンサート「エル・リッツモ・デ・ラ・カーサ」が、毎週金曜日に行われる。また、映画の上映会も予定されており、まず第一段としてラテン・アメリカのドキュメンタリーとフィクション映画を紹介する「エントラマドス:ロス・ロストロス・デ・ラ・ラテニーダド」が上映。それに続き第二段では、「100000レティナス」というグループにより、世界各国から集められた映画が毎週金曜日に上映される。

また、11月27日から29日に渡って開催されるトレードフェアでは、詩の朗読会、アートコース、朗読のワークショップ、セミナーも企画されている。フル活動中のラ・カーサ・エンセンディーダなのである。

La Casa Encendida
住所:Ronda de Valencia, 2 28012 Madrid
TEL:+34 915063875
www.lacasaencendida.com

Text: Terevision Ruiz from Neo2 Magazine
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE