リベラ・ボルザーノ大学

PLACE


デザインはスタジオで、そしてそれを組み立てるのはワークショップで。

これは、新設されたデザイン科のコンセプトを、簡単にまとめ、モットー化したもの。主に2課目を集中して学べる3年間コースこのデザイン科は、リベラ・ユニバーシタイン・ボルザーノ大学にこの10月7日に新設された、芸術・デザイン学部の学科。ヨーロッパのレベル内では、革新的なプロジェクトもいえるこのコース。北ヨーロッパにあるデザイン学校で行われている実践的なアプローチに、イタリアの大学で行われている、伝統的で倫理的なアプローチのミックスが、この学科の最大の目的である。

このプロジェクトについて話す時、クーノ・プレイの存在ははずせない。デザイナーでもあり、大学教授でもある彼は、ウェイマーにあるバウハウスで9年間活動していた経験があり、この度、この芸術・デザイン学部の学部長になった。「そのときどきの時代に対応したプロフェッショナルを育成したい、というのが目的です。つまりそれは、デザインを自分の手の中で操作しつつ、ビジュアル的なコミュニケーションに通じるプロダクト制作でき、デジタルテクノロジーによるバーチャル的、革新的、そして環境に優しい素材に関連した実践的な需要に対応できる多分野性を養いたいのです。」と語ってくれた。

この目的を中心として、伝統的な教育と、実践教育に更に新しい試みをプラス。それは、大人数のクラスではなく、20人以下のグループで、しかも学年が違う生徒達を混ぜ合わせての活動を行うことだ。このコースへの入学手続きもまたユニーク。入学希望者が、直接教授陣と学校に触れる、という機会を設け、彼らのクリエイティブ性や好奇心を刺激し、グループで活動する、という意欲を沸き立たせるのだ。90名の入学希望者が9月に行われたワークショップに参加(実際、応募数は125名にまで及んだ)。そのうちの55名が、デザイン学校出身の生徒達と合流し、グループとして活動する。この3日間の「テスト」では、2つの小規模プロジェクトが課題としてだされた。グループとしては、デザインに関するカンファレンスを2つ開催すること。そしてもうひとつは個人面接だ。

それでは、このワークショップへの最低参加条件はなんだろうか?高校卒業資格だけではなく、自己紹介ビデオ、2D、または3Dオブジェクトの評論的な分析を行い、少なくともニか国語を話せることが要求される。授業がイタリア語、英語、ドイツ語で行われることもあり、この言語に関する条件は必須なのだ。また、コース内でも外国語のレッスンは設けられており、現在勉強中の言語の上達だけではなく、新しく違う言語を学べるようにもなっている。もちろん、その言語のネイティブスピーカーによるレッスンが行われるのだ。言語を必須条件としたのは、教育現場においては意識的な決断だったと言えよう。母国語以外の言葉を取得することで、生徒達は国際的なマーケットでも対応することができ、プロとしての可能性が促進されるのだ。

プロとしての技術を磨くだけではなく、個人としてのクォリティーを高めるのが、このザ・リベラ・ユニバーシタイン・ボルザーノ大学の特徴だ。そのことで、何をいつ学ぶのか、という自立心が早いうちに生徒に芽生えるのである。いわゆる試験というものはない。次のプロジェクトに進むためにテストに合格しなければいけない、という制限もない。このコースでは全てのプロジェクトへの参加が条件だが、出席数の問題もないのである。授業としては、デザインプロジェクト、講義、セミナー、語学コース、特別コース、ワークショップが用意されている。講義とワークショップはセミナーで行われる。すでに主だった4つのセミナーが企画されており、用意された8つのプロジェクトのうち、4つを生徒が選ぶことになっている。それだけではなく、この就学中は14このコースとセミナーの受講が必須とされており、ワークショップではスペシャルコースを5つ受講しなければならない。一学期以降は、どの科目を取り、いつそれを終了するかは、生徒自身にかかっているのだ。3年間の間に、自分の進むべき道を変更するのも、そして大学で行われている科目は、国際レベルで承認された教育単位システム(ETCS)によって構成されているため、他の大学への編入へももちろん自由なのである。

デザインプロジェクトは、アート・デザイン科では核となる重要な存在だ。デザインというプロセスにおける多分野にまたがったコンセプチュアルな段階は、瞬時に実践と実行に移されることで実現化される。またデザインを周知した教授の監修の下作品を制作することができ、その教科における知識をふんだんに身につけることができるのだ。それぞれのプロジェクトに参加できる人数は、最高でも20名。これは、生徒ひとりひとりに充分に目を配ることを考慮してのことだ。その教鞭も、国際的でハイレベルなものである。アントニオ・ベニンカーサ、セバスチャン・バーニュ、クーノ・プレイ、カトリン・アンドロスチーニ、マイケル・コーサー、ステファニー・クバネック、クリス・クロイス、マルチナ・ドレシュセルが、今年集められた「デザイン・リーダー」と呼ばれる教授陣だ。

オプションも多く揃っており、どれも興味深いものばかり。これは学部長のクーノ・プレイの御墨付きだ。日々の生活の中で使えるデザインオブジェクト、テクニカルシステム、サービス、グラフィックデザインプロジェクトの企画、メディアとウェブデザインで使われる企業のアイデンティティとグラフィックデザインなどを学ぶことができる。それぞれの市場でのプロとして要求されるものは、常に新しいものへと変化していくのに対応して、コースも多様化されているのだ。

Facolta’ di Design e Arte
住所:Piazza Domenicani 3, Bolzano, Italy
TEL:+39-0471-315 611
student.secretariat@unibz.it
design-art@unibz.it
http://www.unibz.it/design-art/

Text and Photos: Loredana Mascheroni from Domusweb
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE