ファーマーズ・マニュアル・ライブ

HAPPENING

ファーマーズ・マニュアル」からMATHIAS GMACHLをメインゲストに迎え、8月9日に行われた「Farmers Manual (Presentation+Live) by SALON/SPUTNIK」。会場となった「Roppongi Hills Information Center/THINK ZONE」では、MATHIASに加え、現在ではACOとのコラボレーションを行うportable[k]ommunity、そして「キットクレイトン」にも通じるようなダンサブルなトラックを提供する気鋭のサウンドクリエイターであり、「PROGRESSIVE FOrM」より「Clickety and Clack」名義のリリースも控えたNao Tokui、さらに凄まじい映像と音響で迫る710.beppo、そして「Silicom」からはTakamasa Aokiを迎え、設置された23台のプロジェクターを駆使した映像と音との共演が繰り広げられた。


今回の会場である「Roppongi Hills Information Center/THINK ZONE」は東京の新たなランドマークとして再開発が進んでいる「六本木ヒルズ」の全貌を最新情報と映像で伝える施設であり、天井に設置された16台のプロジェクターによる高画質の大画面映像を床全面に映し出す仕組みを備えている。さらに今回は壁面にも7台のプロジェクターによる映像を投影し、計23台のプロジェクターによって、映像に包み込まれるような空間が構築されていた。また併設されたブックカフェでは、ドリンクやフードが提供されており、ソファーでくつろぎながらみたり、床に寝そべって聴いたりと幅広い楽しみ方を可能にしていた。

まずはじめにMATHIASによる自作品の解説を交えたプレゼンテーションが「SALON-magazine」の針谷周作との対話形式で行われた。自作のDVDを流しつつ行われたこのプレゼンテーションでは、「ファーマーズ・マニュアル」の成り立ちや、自作のソフトウェア、プログラムの限界、現在製作中のDVDについて、といったトピックが話された。対話が聞き取りづらかったのが多少残念ではあったが、その中でも、既存のソフトウェアにあき足らずに自作するようになった、プログラムには限界があり人でしか出来ないことがあるといった話題は興味深く、共感を持って聴くことが出来た。

DJを挟んでの710.beppoによるパフォーマンスでは、2台のiMac上で動くMax/MSP/nato.0+55+3d modularによって、広帯域にわたるノイズとその音に完全に同期した映像空間を体験することが出来た。

続いて行われたportable[k]ommunityは、当日急遽ゲスト参加が決定したACOとのコラボレーションの曲を交えつつ、まるで閃光のような高速の映像と、スピーカーが悲鳴をあげるような攻撃的かつリズミカルな音の絡み合うライブパフォーマンスで観客を包み込み、会場からは一曲終わるごとに拍手が巻き起こっていた。ライブの最後に演奏されたACOとportable[k]ommunityによるMADONNAの「MATERIAL GIRL」のカバーは、natoにより加工されたSONYのアニメーションコンピュータの絵と素晴らしいマッチングを見せており、個人的には今回のイベントの中で最も楽しいひと時であった。 さらにその後再度DJを挟み、MATHIASのパフォーマンスが行われた。彼の作品は穏やかな映像と音とで構成されており、会場をひと時の間和やかな雰囲気に包み込んでいた。

再度DJを挟み行われた、「Silicom」での活躍でも知られる Takamasa Aoki のパフォーマンスは、VJとしてportable[k]ommutiyが参加し、Max/MSP上でしっかりと構成されたパッチから生み出されるトラックと、パッチを覗き込みながら踊る人々の姿が印象的であった。
最後の「Clickety and Clack」ことNao Tokui。Max/MSP/natoオブジェクトの開発者としても活躍中の彼は、一旦音が止まるというハプニングに見舞われながらも、710.beppoによる映像と絡み合うフロア仕様の音を「Roppongi Hills Information Center/THINK ZONE」全体に鳴り響かせていた。過去何回かの中では一番気持ちよく聴くことができ、ライブ・パフォーマンスにおける音響/映像システムや場の雰囲気といった空間の大切さを再認識することができた。

ここ数年一般的になってきたラップトップコンピュータによるパフォーマンスだが、 コンピュータと向かい合っている姿は身体性に欠けるためか、最近ではやや退屈を覚えることもしばしばであった。しかし今回のようにその場所ならではの設備・環境を生かし音響と映像とが一体となった空間を提示する、といった形でのパフォーマンスにはまだまだ可能性があるように感じられる。
今回の会場である「Roppongi Hills Information Center/THINK ZONE」は来年春までとの期限付きの施設ではあるが、今後様々な企画が進行中とのことであり、未体験の方はぜひこの空間を一旦体験してみることをお勧めする。

更にこのレポートを執筆中に、Max/MSPの開発元のCycling74から映像処理オブジェクト群の「Jitter」がリリースされた。試しに使ってみたところ後発ならではの使いやすさを実現しているようであり、新たな音響/映像表現の可能性が感じられる。また、Takamasa Aoki、Clickety and Clack、portable[k]ommunityは9月にヨーロッパツアーも予定しているとのことなので今回のレポートで興味をもたれた方はそちらも要注目だろう。

Farmers Manual (Presentation+Live) by SALON/SPUTNIK
会期:2002年8月9日
会場:Roppongi Hills Information Center/THINK ZONE
住所:東京都港区六本木6-2-31 ZONE 六本木ビル1F
電話:03-5770-8777
企画・制作:SALON
協賛:SPUTNIK (IDEE CO.,LTD.)
協力:森ビル株式会社青山ブックセンター
問い合わせ:SALON-magazine
Editorial Office
/株式会社ジョアハウス
電話:03-5213-8433

Text and Photos: Jo Kazuhiro
Special thanks: Nao Tokui, Takamasa Aoki

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE