NIKE 公式オンラインストア

DEUX POISSONS

PLACE


現代ジュエリーなんて、日本じゃあまり聞きなれない言葉。素材となる石や貴金属自体の価値ではなく、アーティストのコンセプトや、メッセージが込められた作品自体を評価したものを、現代ジュエリーと呼んでいるらしい。絵画の世界で、キャンバスや絵の具の価値で作品を評価しないのといっしょで。そんな、現代ジュエリーを取り扱うショップが、渋谷にある「DEUX POISSONS」。今回は、バイヤーの森さんから、いろいろお話しをうかがった。
年に数回、ヨーロッパ各国をまわり買い付けてくる作品は、ただ、おもしろいからとか、カッコいいからというだけではなく、どれもコンセプチュアルなものばかり。実際にアーティストと会って話しをすることで、作品の見るだけではわからないコンセプトや、制作姿勢などが理解できるという。そんな、おすすめの作品をいくつか紹介していただいた。


One minute of pearls: Manon van Kouswijk

パールを使ったネックレスは、実はモールス符号に。長短二種の符号を、種々に組み合わせ文字にし、全部で時間の1分を表現している。目に見えない時間の重要性というメッセージが込められた作品。


Gadget: Alleweil Design

今までペットボトルはリサイクルされてきたが、ボトルキャップはないがしろに。そんな、両方を使ってつくりだしのが、このガジェットリング。指輪部分はペットボトルのリサイクル素材できていて、トップにはボトルのキャップがはめられるようになっている。100%リサイクルでも、こんなユニークな作品がつくれる。もちろん、パッケージも再生紙だとか。


Rubber Ring: Maria Hees

ジュエリーといえば、身に着けたり、身体を飾る実用的な装身具(金、銀、プラチナ)が一般的。でも、彼女の場合、身の回りにある素材からジェエリーを生みだす。このゴムを用いた作品は、”ソフトパワー”とタイトルがつけられ、見た目のハードなデザインと、素材の持つソフトな感触のギャップが楽しめる。


Lighter’s: Mikiko Minewaki

世界中どこにでもある、ライターのケースでできたリング。プラスチックの透明感がかわいらしい。このように工業製品には、まだ未知の可能性が秘められていて、それを追求することで、新しいジュエリーづくりができるという。


Table Talk: Nel Linssen

自由自在にカタチを変えることのできる、ちょっとした遊び感覚の鍋敷。大きな鍋を置くときは広げ、小さな鍋を置くときは細長くカタチを変型させたりして使える。まさに、テーブルを飾るジュエリーなのだ。
“決して素材だけの価値で評価されるのではなく、身に着けるひとの心を豊かにする装飾品”と、そんな問いに挑戦し続けるアーティストたちの作品からは、今までのジュエリーの枠を超えたモノを感じさせる。
装飾性の強いオブジェのようになりつつある作品こそ、現代ジュエリーなのかも。
今後、身に着けたり、心との関わりをどう扱うかといったことが、キーワードになりそう。まだまだ、おもしろくなりそうなジャンルだけに期待できそう。

Deux Poissons
住所:東京都渋谷区東1-15-4 プレジールtsuda102
電話:03-5464-6061
info@deuxpoissons.com
http://www.deuxpoissons.com

Text and Photos: Satoshi Ota from Ponchi Design

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE