DIA アート・センター

PLACE


チェルシーにある「DIAアート・センター」に行く度にそうなのだが、私は常にその凝縮された方法による質の高い作品のショーケースのやり方に感銘を受ける。最近展示をしているのは、ブルース・ナウマン、ロニ・ホーン、ダン・フラヴィン等の巨匠達の作品だ。ザ・ディア・センターと、他のニューヨーク市内の美術館との違いは何かと言えば、それが持つ許容範囲の広さと、インスタレーションアートに対する献身さであろう。

今回のメインとなる展示物は、ジョージ・パルドとギルベルト・ゾリオによる「REVERB」というインスタレーションの作品だ。実際のところこの作品は、2つの別々のものから成り、2人のアーティストにより作られたものだ。パルドのアイデアにより、空間全体が鮮やかなライム、レモン、その他のシトラス系の色のパレットがタイルとなって床一面に広がっている。また、オレンジ色のカーテンが天井からかけられており、それによって空間がカットされているのだ。様々な箇所で見つけることのできるマイクは、ビジターが彼等の考えを述べることを目的に設置された。これは、1969年にゾリオにより実行されたサウンドインスタレーションで、後に「マイクロフォーニ」と呼ばれるようになる。これらのマイクから拾われた音は巧みに処理され、その結果、拡張された如何なるものでも、数秒後にはリピートされるのである。

2階にあるギャラリーでは、ロニ・ホーンの写真と彫刻の作品が展示されている。これらの作品の全ては、一つの方向性、あるいは別の方向性における並列、相違、アイデンティティーというテーマを持っている。ビジュアル的に最も印象的なのは、「CLOWD AND CLOUN」(「CLOUD AND CLOWN」の逆)という作品。これは雲(CLOUDS)を撮影した写真なのだが、同時に道化師(CLOWN)も一緒に並列させられている。これは、アーティストが題材だけではなく、作品のディスプレイの方法も問いかけている作品だ。

もうひとつのギャラリーではブルース・ナウマンのビデオ作品が展示されている。彼はおそらく、今日のアメリカ人アーティストの中で最も有名なアーティストであろう。彼のスタジオに夜用の監視カメラを設置し、夜の間に発生する出来事を録画する、というこの作品。「MAPPING THE STUDIO」という題名がついており、7本のビデオ映写から成りギャラリーの壁に映し出されている。この映写からは、例えばねずみがチョロチョロする、といった様な彼のスタジオ内で発生する微妙な動きさえも見つけることはできない。そしてこれこそがまさに、5時間以上にも及ぶ時間の中で発生したことなのだ。ナウマンは、このビデオを瞑想の術として見続けたという。

ニューヨーク市のアートシーンの主流は最近、低迷しているように思われる。ウィットニー・ミュージアム・アメリカン・アートの「THE BIENNIAL」は、次のような厳しい批判を受けた。『ミュージアム・オブ・モダン・アートが修復の為、その間の2、3年はクィーンズ地区に移転される。ディア・センターの様な敗北者的な施設は、更にその規模が小さくなるだろうが、旅行者の存在が無ければアートスポットとしては強い。そして私は、このままの状態であり続けてほしい、と願うのだ。』

DIA Center for the Arts
期日:2002年6月16日まで 水曜日〜日曜日/午後12時〜午後6時
住所:548 West 22nd Street, New York City, NY, 10011
TEL: +1 (212) 989-5566
info@diacenter.org
http://www.diacenter.org

Text: Rei Inamoto From Interfere
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE