NIKE 公式オンラインストア

プラダ・ニューヨーク・ストア

PLACEText: Rei Inamoto

1999年まで、グッゲンハイム美術館のブランチともいえるグッゲンハイム・ソーホーは、ニューヨークのダウンタウン、ブロードウェイとプリンスストリートが交差する角に見つけることができた。今年のいつだったであろうか。通りに面したディスプレイ用のウィンドウは突然、表からは見られなくなり足場が組まれ始めた。そこにはある特定の複合企業のロゴがあった。そのロゴは「プラダ」と読めた。

それはかつて、アメリカのカルチャーの震央かのように、ダウンタウンの終わりに掲げられていた。引き換えに、それは商業主義地図の中心として、ダウンタウンに掲げられたのである。商業的複合企業による文化協会の接収は、ニューヨークにおける経済とカルチャーの雲行きの驚くべき変化に気づかされるものであった。人々のニューヨークに来る目的はもはや、カルチャーを楽しむということではなくなっていった。買い物なのだ。

レム・コールハースは、すぐれた才能を持つ建築家であり、ソーホーにできる新しいプラダ・ストアの影の力持ち的存在である。彼のクライアント、プラダはこの変貌ぶりに驚き、また喜んでいるようである。

ストアにまず足を踏み入れると、巨大なマネキン軍団がビジターを歓迎してくれる。それらの背後には、カーブがかったスロープが広がっており、それによってストアが真ん中から二分され、床がかすんで見えるようになっている。このスロープの半分は、ディスプレイ棚のセットのような用途があり、また買い物客がひと休みする為の休憩場所も兼ね備えてある。もう半分はステージ・エリアと呼ばれていて、ファッションショーはもちろん演劇のイベントを開くことも可能である。日中はコマーシャル的なスペースとして。そして夜になれば、カルチャー的なスペースとしてその姿を変えるのだ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE