NIKE 公式オンラインストア

「走泥社再考 前衛陶芸が生まれた時代」

NEWSText: Editor

八木一夫《白い箱 OPEN OPEN》1971年、京都国立近代美術館蔵 ※後期(3章)で展示

前衛陶芸家集団として戦後日本の陶芸を牽引した走泥社(そうでいしゃ)の活動を検証する展覧会「走泥社再考 前衛陶芸が生まれた時代」が、菊池寛実記念 智美術館で開催されている。

MoMA STORE

走泥社は1948年に京都の陶芸家、八木一夫、叶哲夫、山田光(ひかる)、松井美介(よしすけ)、鈴木治の5人で結成され、入れ替わりながらも陶芸家に限らない多様な人材が集まり、50年にわたり活動を続けた。いわゆる器ではなく、立体造形として芸術性を追求した陶芸作品(当時、それは「オブジェ焼」と呼ばれた)を創り出し、その視点を日本の陶芸に根付かせたことは走泥社の功績といえるだろう。

本展では結成25周年となる1973年までの走泥社の前衛性に焦点をあて、25年の間に同人であった42名のうち作品が残る32名の制作を通し、走泥社の活動を紹介する。また、資料等により同時期に展開された他の前衛陶芸活動や日本の陶芸に影響を与えた海外の制作を紹介し、その比較も交えて、前衛陶芸が生まれた時代を振り返る。

なお、本展は3章で構成する展覧会で、前期(1章と2章)と後期(3章)に分け、会期中に展示替えを行う。

「走泥社再考 前衛陶芸が生まれた時代」
会期:前期:2024年4月20日(土)~6月23日(日)
   後期:2024年7月5日(金)~9月1日(日)
※前期、後期の各期内にも展示替えあり
休館日:毎週月曜日(ただし7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)、展示替え期間(5月27日~30日 / 6月24日~7月4日 / 7月29日~8月1日)
開館時間:11:00~18:00  ※入館は17:30まで
会場:菊池寛実記念 智美術館
住所:東京都港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル
TEL:03-5733-5131(代表)
https://www.musee-tomo.or.jp

Text: Editor

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ミルク倉庫+ココナッツ
MoMA STORE