クマ財団5期生展示会「KUMA EXHIBITION 2022」

NEWSText: Editor

現代アート、テクノロジー、建築、音楽、映像、小説、エンターテインメントなどジャンルの枠を超えた、未来のクリエイティブのショーケース。クマ財団第5期生71名の集大成となる展示会「KUMA EXHIBITION 2022」が、2022年3月から4月にかけて六本木を舞台に開催される。

クマ財団は、コロプラの創業者である馬場功淳が2016年に設立した、次代を担う若きクリエイターの活動を支援・助成することを目的とした財団。「創造性が共鳴し合う、世の中に」をビジョンに掲げ、25歳以下の学生クリエイターの育成を目的とした「クリエイター奨学金」の給付を行なっている。その奨学生の1年間の集大成である「KUMA EXHIBITION」はジャンルの垣根を超えた新しい才能を発信し、クリエイティブシーンに向けてその可能性をプレゼンテーションする場として毎年開催されている。

今年の展示会は、「Trans X Formation」をコンセプトに、東京・六本木を舞台に、ギャラリー展示会とホール作品発表の2つの形式で行われる。

ギャラリー展示はアートコンプレックス ANB Tokyo にて、会期を Part.01(3月18日~27日)と Part.02(4月1日~10日)の2回に分け実施。現代生活を神話学的思考で捉え、治癒と破壊を繰り返す人間と自然の共生について作品制作を行う、第25回岡本太郎現代美術賞(TARO賞)入選作家の青山夢や、東京藝術大学修士制作展においてサロン・ド・プランタン賞を受賞した東弘一郎など、平面・立体作品やブース展示などを中心に、現代美術からテクノロジー、工芸、彫刻まで様々な表現が立ち並ぶ。

併せて開催されるホール作品発表は、六本木ヒルズ内ハリウッドプラザのハリウッドホールにて一日限りの特別イベント(3月19日)として実施。ラップの帝王・呂布カルマ、キングオブコント・シソンヌじろうらが出演する保谷聖耀監督による長編映画「宇宙人の画家」を始め、短編アニメーション・ドキュメンタリーなどの映像作品の上映会と、ここ数年で世界的なビートボクサーとして認知されつつあるSHOW-GOからクラシック音楽まで幅広いジャンルのパフォーマンス上演が予定されている。

KUMA EXHIBITION 2022
会期:Part.01:2022年3月18日(金)~27日(日)/ Part.02:4月1日(金)~10日(日)
時間:11:00〜20:00
会場:ANB Tokyo
住所:東京都港区六本木5丁目2-4 2F〜7F
料金:入場無料
※ホール作品発表:2022年3月19日(土)12:30〜20:00 ハリウッドホール(東京都港区六本木6丁目4-1 六本木ヒルズ ハリウッドプラザ 5F)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場は日時指定のオンライン事前予約
https://kuma-foundation.org/exhibition2022/

Text: Editor

[Help wanted] Inviting volunteer staff / pro bono for contribution and translation. Please e-mail to us.
MoMA STORE