五月女哲平「私たちの時間」

NEWSText: Editor

Teppei Soutome “Girls”, 2011, Acrylic on canvas, 162 x 227 cm Courtesy of AOYAMA|MEGURO

キリンジのアートワークなどで知られる画家・五月女哲平の展覧会「our time 私たちの時間」が、「青山目黒」(中目黒)、「void+」(表参道)、「ナディッフ・アパート」(恵比寿)の都内3か所のスペースで同時開催される。

五月女は2007年の初個展以来、絵画作品を中心に立体、写真、映像などを織り交ぜた作品を発表してきた。この度の3か所同時開催展では各スペースでは新旧作を交えて、五月女の作品をいくつかの系統ごとに紹介する。

長年継続的に取り組んでいる人物シリーズを新旧作交えて「青山目黒」で、昨年バーゼルで発表した映像作品とシェイプドキャンバスによる絵画を「void+」で、そして「ナディッフ・アパート」では、絵画、オブジェ作品と新作マルチプルエディションを発表する。

会期中には、合同のオープニングレセプション(Void+)、パフォーマンス(青山目黒)、そしてトークベント(ナディッフ・アパート)も開催される。

五月女哲平「our time 私たちの時間」
会期:2020年2月22日(土)〜4月5日(日)
営業時間・定休日など、会場によって全て異なるため、各サイトの情報をご確認ください。
会場:青山目黒(3月22日まで)、ナディッフ・アパート(3月6日から)、void+(3月7日〜21日)
合同オープニングレセプション:3月7日(土)18:00〜20:00(会場:Void+)
http://aoyamameguro.com/teppei-soutome/

Text: Editor

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
“Unknowna
MoMA STORE