本間理恵子・村山康則写真展「レゾン・デートル」

NEWSText: Ayumi Yakura

© 村山康則(左)/ © Rieko Honma(右)

フランス語で『存在理由』を意味する「raison d’être」(レゾン・デートル)と題した、Rieko Honma(本間理恵子)と村山康則の2名による写真展が、横浜のBankART Studio NYK(バンカート・スタジオNYK)にて1月29日まで開催されている。

ADVERTISEMENT

Rieko Honmaは、2010年より独学で、写真によって『自分がみた夢の世界』や『心の中と現実の境界線』など形のないものに形を与える表現を続け、書籍装丁の分野にも作品を提供している。

北海道出身の村山康則は、現在横浜を拠点として『時間』『痕跡』『社会の中の人の在り方』をテーマに撮影し、2015年には「御苗場vol.16 横浜」でレビュアー賞(美術ジャーナリスト・鈴木芳雄選)を受賞している。

本展は、『なぜ写真を撮るのか』『なぜアートが必要か』など、作家自身の社会の中での在り方について様々な理由を見つめ直し、もう一歩踏み込みもう一歩超えて行けるようにというテーマで企画された。

「Raison d’être」Rieko Honma / 村山康則 写真展
会期:2017年1月21日(土)〜29日(日)
時間:11:00〜19:00(最終日は16:00まで)
会場:BankART Studio NYK 1F Mini Gallery
住所:横浜市中区海岸通3-9
TEL:045-663-2812
http://bankart1929.com

Text: Ayumi Yakura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE