オラ・コーレマイネン「ジオメトリック・ライト」

NEWSText: Satsuki Miyanishi

© Haus am Waldsee

フィンランドのアーティスト、オラ・コーレマイネンが様々な建築を捉えた写真作品をハウス・アム・ヴァルトゼーにて展開する。アルヴァ・アールト、ミース・ファン・デル・ローエ、フランク・ゲーリー、ザウアーブルッフ・ハットンなどによるヨーロッパモダニズムの建築モニュメントのみならず、16世紀のミマール・スィナンによるアヤソフィアやモスクなどが彼の作品への投影の原点となっている。

ADVERTISEMENT

コーレマイネンの初期の作品は、天井の格子デザイン、建物の歴史の象徴として選択された窓のデザインなど、ファサード(建物の正面)を捉えたものが多くある。ミニマルで美しい作品の数々は、自然が形に投影され建築に適合した作品を残しているジェームズ・タレル、カール・アンドレなどの影響も強く受けている。これらは、建築の構造や色度、また建物の歴史やその場所の特徴の両方をハイライトしている。彼の最新のシリーズ「ジオメトリック・ライト」は、パウル・クレー、フランティセック・クプカが描いた構成主義的な絵画や、ナウム・ガボの透明な作品をも連想させる。

Ola Kolehmainen “Geometric Light”
会期:2014年4月5日~5月17日
時間:11:00~18:00(日曜定休)
会場:Haus am Waldsee
住所:Argentinische Allee 30, 14163 Berlin
TEL:+49 30 8018935
http://www.hausamwaldsee.de

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE