もの みる うごく AR美術館

NEWSText: Satsuki Miyanishi

毎年夏に開催されているICC キッズ・プログラム。今年は赤松正行+ARARTプロジェクトによる、AR(拡張現実)技術を使った作品を展示し,もうひとつの「現実」を見ることをテーマとしている。以前SHIFTのカバーを手掛けた大石暁規の作品「スマイル・ワールド」も登場する。

ADVERTISEMENT

会場に展示される絵や写真やイラストを携帯端末のカメラを通して見てみると、イラストが動き出して物語のように見えはじめたり、写真の花のつぼみが咲いたり、小さなキャラクターが集まって違った形に見えたり、絵本の挿絵が動き出したり、四角い箱が不思議な動きをしたり、さまざまなことが起こる。現実の世界に、実際には見えていないもうひとつの世界を重ね合わせることができるのがARという技術の特徴だ。この展覧会では、コンピュータや映像の先端的技術を使った作品を通して、楽しみながら考える体験ができる。

もの みる うごく AR美術館 赤松正行+ARARTプロジェクト
会期:2013年7月30日〜9月1日
時間:11:00〜18:00(月曜、8月4日休館)
入場料:無料
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 4階特設会場
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
TEL:0120-144199
http://www.ntticc.or.jp

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE