スカベロンロフト

PLACEText: Louise Brandstrup Zastrow

たいていの街では、最高にわくわくするようなクリエイティブなコミュニティは都会のさびれたエリアで見つけるのが普通だろう。コペンハーゲンも、例外ではない。1872年から1996年までは世界的に有名なバーマイスター&ウェイン造船所のかつての拠点でもあったコペンハーゲン港のあるラフスヘーレウーウン、もとい、ラフスヘーレ島は長年の間多くの創作活動にとっての隠れたワークスペースであり続けてきた。しかし、新しいアマスレストランやロイヤルシアターワークショップのオープンと共に、このエリアは最近水上バスのルートが開通して街とつながり、冒険的な人たちがこの都市部建築のユニークな部分を探検できるよう開かれてきているのだ。

SKABELONLOFTET
© Skabelonloftet

そうして活動する創作コミュニティの一つがスカベロンロフトだ。このロフトは古く造船工業用のもので、100年以上海を見渡し、港の入り口からコペンハーゲンの中央、リトルマーメイド像、クイーンズパレス、晴れた日にはスウェーデンまでの圧巻の眺めを楽しむことができる。もともとは、船のモデルを作るために使われていた。

883-406606-28892.jpg
© Skabelonloftet

今日ではそのロフトは18のスタジオを58人のクリエイターでシェアする1400㎡のスタジオコミュニティであり、建築家、アーティスト、工業デザイナー、グラフィックデザイナー、インテリアデザイナー、ぺインター、映像作家、写真家、コミュニケーション戦略家までもが使用する。彼らが共にする活動は現代文化の発展や開拓に寄与している。この空間は ヤードCPHというギャラリーも内包しており、多くの精力的で有望なアーティストやデザイナーが、スカベロンロフトのマネージャーであり自身もアーティストであるアネット・ホルムバーグによって取り扱われている。

このロフトの独特な立地と建築は、デンマークの現代アート、文化、都市の発展のインスピレーションを体感するのに最適な場所だ。これがロフトがしばしばファッションやライフスタイルに関する雑誌のフォトセッションや、企業イベントに使用されている理由でもある。これまでエル・デコ、シュナー・ヴォーネン、RUMなど複数のデンマーク国内外の新聞や雑誌に掲載されており、最近ではキンフォーク・マガジンにも取り上げられている。

Skabelonloftet
住所:Refshalevej 171A, 1432 Copenhagen
時間:ギャラリーのアネット・ホルムバーや他のデザイナー、クリエイターへの予約が必要
http://skabelonloftet.dk

Text: Louise Brandstrup Zastrow
Translation: Akari Otomo

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE